あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » 教えて!Web業界ってどんなところ? » 求人状況ってどんな感じ?

求人状況ってどんな感じ?

インターネットを通じてサービスを提供する「Web業界」。スマホの普及によって、インターネットでいろいろなことができるようになりました。私たちの生活に欠かすことはできないといえます。ここではそんなWeb業界の求人事情についてまとめているので、参考にしてください。

Web業界の有効求人倍率は年々増加傾向に

2009年に起こった「リーマンショック」を底に、Web業界の求人は年々伸びてきています。2015年度のIT技術者の有効求人倍率は、2009年の1.17倍から3.1倍まで上昇。IT技術者に関しては求職者が有利な「売り手市場」の傾向になっています。

しかし、その一方で実に9割に近い事業者が人材不足を感じているのが現状です。こういった状況が起こる要因として挙げられるのが「企業側のニーズの大きさ」。企業側は「誰でもいいから人材が欲しい」というのではなく、ある程度の「Web関連のスキル」を持った人材を求めています。その結果、人材不足が引き起こされるのです。

Webの知識や技術を持っている人は問題ありませんが、未経験者でWeb関連の企業へ転職したいと考えている人は、まずは基本的なスキルを身につけて就職に臨むことが必須といえます。

WebスクールならWeb関連のスキルを学べる

仕事をしながらイチからWeb関連のスキルを身につけるのは決して容易なことではありません。そこでおすすめなのが「Webスクール」です。プロの講師から学ぶことで、業界水準のスキルを身につけることができます。

また、「Web関連のスキルを身につけたい」という同じ志を持った仲間がいることで、モチベーションを高く維持することが可能です。スクールによっては、転職に有利な情報を教えてもらえるところもありますよ。

独学よりもWebスクールがおすすめ

基本的なスキルを身につけるには、独学よりもWebスクールへ通ったほうが良いといえるでしょう。Webスクールだとわからないことがあればすぐに質問できます。

悩んでいる時間を短縮でき、効率よく勉強することが可能です。スクールの中にはWeb業界未経験者でも受けやすいコースを用意しているところもあるので、チェックしてください。

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ