あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » HTMLコーダーになるには » HTMLコーダーの就職先は?

HTMLコーダーの就職先は?

ここではWebコーダー(HTMLコーダー)が活躍する就職先の紹介や、コーダーとして成功を収めるためのポイントなどを紹介しています。

就職先はWeb制作会社やスマホアプリ制作会社など

コーダーの基本的な仕事内容はWebサイトのHTMLコーディング。ですが、就職先によって求められる仕事は少し異なるようです。ここでは代表的な3つをご紹介します。

さまざまな媒体の広告を手掛ける大手制作会社

コーダーの就職先のひとつに紙やWeb、テレビなど多くの媒体の広告に携わる大手の制作会社があげられます。サイト設計書に沿って納期内にWebページを表示させることが主な仕事。

コーディングの構造は検索エンジンがページの中身を判断する材料となるもの。コーダーの仕事はとても重要なものなのです。

Web制作を専門に行なう制作会社

コーダーの就職先で一番多いのはWeb制作を専門としている制作会社。そのほとんどは従業員が多くても十数人程度と、小規模になりつつあるそうです。

そのため、コーダーとしての業務だけでなくWebデザイナー・ディレクターの業務もこなせるよう求められることも。一人で複数の役をこなすのは大変ですが、高いスキルが身に付く期待がもてます。

スマホのアプリを制作する会社

スマホを利用する人が年々増えているのに伴いスマホ向けアプリを制作する会社も増加し、コーダーの就職先のひとつとなっているようです。スマホのOSはAndroidやiOSなどに限られているものの、ディスプレイの大きさは千差万別。そのため、コーダーの役割がかなり重要となるのです。

HTMLコーダーとして将来成功するには

絶えず知識を深め、経験を重ねることが大切です。HTMLやCSSについてより詳しくなり実績を積んでいけば、会社にとって手放せなくなる存在になるでしょう。

HTMLコーダーとして成功を収めるのも良いですが、プログラミングやWebデザイナー方面に進むこともできますし、サイト運営者になることも可能です。HTMLとCSSを身に付けることで、多くの可能性が広がります。

基礎を固めることが重要

Web制作においてコーダーはHTMLやXHTML、CSSを理解していなければ仕事になりません。またプログラミングの基本的な知識も必須。プログラマーのごとく本業レベルまで知る必要はありませんが、JavaScriptやPHPの基本的な部分を押さえておく必要があります。

Webサイト制作における仕上げを担う業務なので、デザイナーの意図を汲み取るのはもちろん、デザインの基本的な知識も必要。基礎から本気で学びたいのなら、Webスクールでイチから学ぶのもおすすめですよ。

HTMLコーダーになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ