あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » HTMLコーダーになるには » HTMLコーダーの年収はどれくらい?

HTMLコーダーの年収はどれくらい?

正社員や派遣社員、パートなどさまざまなポジションで仕事ができるHTMLコーダー。ここでは気になる給料や年収、また給与アップのポイントについて紹介しているので参考にしてみてください。

アルバイトの平均時給

週3日の勤務や時短勤務が可能なアルバイトコーダーだと、時給を1,000~2,000円程度で設定している会社が多く見られます。時給ベースに計算をすると、年収は300万円半ば。高額とはいえませんが、自分の時間をコントロールしやすいのは大きなメリット。

正社員の平均月給と年収

正社員の場合、求人でよく目にするのは月給20~45万円程度。年収に換算すると300万円台後半から400万円ほど。技術や実績がついてくれば、給与アップの可能性は十分にあるでしょう。

HTMLコーダーとして給与アップさせるには?

サラリーマンの平均年収は400万を超えるぐらいだと考えると、HTMLコーダーの年収は他の職種に比べてやや低め。給与をアップさせる方法として、HTMLコーダーと深くかかわる仕事「マークアップエンジニア」と「フロントエンドエンジニア」を紹介します。特にフロントエンジニアは給与アップに高い期待が持てるので要チェックです。

フロントエンドエンジニアって?

HTMLコーダーの役割は、指定されたデザインを忠実に再現するオペレーション的な業務。一方、マークアップエンジニアはSEOやアクセシビリティを考慮し、ユーザビリティ向上につながるよう、最適なコーディングにアレンジします。HTMLコーダーがランクアップしたようなイメージですね。

これに対して、フロントエンドエンジニアの役割はグッと大きくなります。ユーザーやクライアントの考えを汲み取り、実現に向けて最適な技術・表現方法を選んで最終形態までもっていくのが務め。JavaScriptを使ってサイトに動きをつけたり、CMSを取り入れたサイト構築をしたりと、ユーザーが直接見聞き・操作する部分に深くかかわります。

求人を見ると年収450~1,200万円と幅があり、実力次第で報酬を保証してくれところも多いようです。いきなりフロントエンドエンジニアを目指すのは困難ですが、HTMLコーダーとしてある程度力をつけたのち、目指してみる価値は十分にあります。

HTMLコーダーになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ