あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » webプログラマーになるには » Webプログラマーの就職先は?

Webプログラマーの就職先は?

プログラミング

ここではWebプログラマーが活躍する就職先の紹介や、業界の就職事情などを紹介しています。日々スキルを磨き、知識を深めて良いプログラマーを目指しましょう!

就職先はWeb制作会社やソーシャルゲーム業界などさまざま

Webプログラマーは、あらゆる場所で活躍する貴重な人材。どんな就職先があり、どうすれば採用に近づけるのでしょうか?

システム開発会社

ひとくちに「システム」いっても、種類は多種多様。

Webシステムの開発や業務システムの開発を専門的に行なうところもあれば、スマホのアプリに関与する会社も。得意分野が異なる以上、事業内容が変わってきます。

システム開発会社の仕事例

Webサイトを丸ごと制作することもあれば、部分的に開発することも。

たとえば、企業公式サイト専用の問い合わせフォーム設置、会社紹介のページ製作、新サービスページの開発などです。他にもショッピングサイトの商品購入システム、ホテルや美容院などの予約システム、企業独自のSNSやブログ機能などを開発したりすることもあるでしょう。

会社によっては、企業内で使用する独自システムの開発を請け負うこともあるようです。その場合、クライアントの業務内容をよく理解した上で、効率よく業務が進むようなシステムを開発しなければなりません。競合他社に負けないものを作るため、Webプログラマーにも提案力が求められます。

Web制作会社

プログラマーから人気を集める就職先です。Web系は技術の変化が激しいため、進歩する技術の速さについていく必要があります。制作会社での仕事は、その名のとおりサイト制作がメイン。新たなサービスが次々に誕生しているので、大きな可能性を秘めている分野と言えます。

クライアントの要望をWebサイトという形にする!

Webディレクターの指揮のもと、デザイナーが作ったWeb画面が実際のブラウザ上でも表示させることがフロントエンドエンジニアの仕事です。

アニメーションやプルダウンなどの要望があれば、それらを形にしていきます。また、会員登録機能やアンケート機能など、Webサイトの裏側で動くシステムを作るのがバックエンドエンジニアです。これらのプログラマーたちが協力してWebサイトを作り上げていきますが、小規模の会社の場合、一人のプログラマーがフロント・バック両方を開発することもあります。

プログラマーはWebサイトを作ることもあれば、様々なWebサービスを開発することもあります。ポピュラーなものからオリジナリティ溢れるものまで、クライアントの要望を形にできる人は重宝されること間違いなしです。

ソーシャルゲーム業界

今現在、プログラマーの需要が最も高い業界といえます。スマホ向けのアプリ開発を行なっている企業が積極的に採用を行なっているよう。話題になるようなソフトの開発を目指し、若いプログラマーから人気を誇る就職先です。

ゲーム開発や運営を受け持つプログラマーたち

新しいゲームを開発する場合は、企画に合わせてプログラムを組んでいくのがプログラマーの仕事です。

ゲームが仕様通りに進むように、キャラクターの動きからBGM、効果音などの設定を含め、すべての工程を考えます。多くの場合、ゲームエンジンや制作補助ツールなども含めて開発しなければならず、かなりの人数が必要になるのでチームで分担して行なうのが普通です。

また、すでに稼働しているソーシャルゲームアプリを、オペレーティングシステム(OS)アップデートに合わせてメンテナンスしたり、バグが発見され次第修正していくのもプログラマーの仕事です。

ゲーム内のイベントに合わせてプログラムを追加開発、好調なゲームのアップデートで機能を追加したりすることもありますので、ディレクターのアイデアを形にする技術が必要なポジションです。

Webプログラマーの就職の現状

Webプログラマーの業界は、常に人で不足が続いているのが現状。求人を見れば、Webプログラマーを募集している会社をたくさん目にします。単に仕事量が多く人手が不足していることも理由に含まれますが、優秀なプログラマーが足りないことも関係するようです。

優秀といってもそれは「普通に仕事がこなせるレベル」を指します。つまり、スキルをきちんと身に付けさえすれば、採用してくれる会社が見つかる可能性は高いのです。必要な技術を磨き、自分の希望する会社へ就職を目指しましょう。

まずは基礎を身につけることから

基礎がしっかりしていなければ、仕事は務まりません。特にWebプログラマーは、Webで使用される言語の理解やソフトウェアを使いこなす技術など、専門的な要素がたくさんあります。

おすすめはWebスクールでコンピュータプログラムの基礎からきちんと学ぶこと。正しい知識が身に付くだけでなく、関連のスクールに通っていたという事実があれば就職において有利になることもあるでしょう。

20代で身に着けるべきなのは「技術」「計画力」「英語力」

「プログラマー35歳定年説」はWebプログラマーを目指している人なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

Webプログラマーのキャリアが始まったら、先を見据えて計画的にスキルを身に着けたりキャリアプランを立てないと、能力が下がる年齢になると焦ってしまいます。30代40代になってもプログラマーとして生きていきたい、もしくはその先のキャリアにつなげていきたいのなら、20代を無意味に過ごしてはいけません。

20代はまず技術を追い求めるべし!

まずは得意とする言語、もしくは会社で重要視されている一つのプログラミング言語を極めましょう

言語を極めるとは、様々なリクエストに正確に対応できるようになることです。そうした技術が深まるに従い、作業効率も向上してスピードアップしていきます。20代で身に着けたその技術は、その後の人生で財産として輝きます。得意分野がはっきりしている人は会社として使いやすく、得意分野で責任を任されることも出てくるでしょう。

特定のプログラミング言語をある程度習得できたと感じたら、並行してその他の言語勉強もスタートさせましょう。できればクライアント側とサーバー側、それぞれひとつずつは身に着けておきたいもの。

プロジェクトごとに適正言語は異なりますから、複数の言語に精通していればキャリアの幅が広がります。関わる分野や開発プロジェクトが変わっても役立つ、応用できる技術を身に着けていけるでしょう。

できるだけ早めに、将来のキャリアプランを考え始める

一生プログラマーとして開発に携わり、純粋に専門性を追求していくというのもひとつの生き方です。Webプログラマーとしての仕事そのものが好きなら、今後もひたすらプログラミング技術の深さと幅を広げることに集中していくと良いでしょう。認定試験にも積極的にチャレンジしてください。

しかし、マネジメント能力を身に着けて管理職になることを目指したり、コンサルタントになったり、コーチングや人材育成に力を入れたり、その後の選択肢は幾つもあります。

あくまでも専門性を追求するエキスパート職としてキャリアを全うしたいのか、システムエンジニアを経てマネジメント職に進みたいのか、自分の方向性を考えていきましょう。

20代のうちに英語の勉強に力を入れておこう

Webプログラマーとして一定の英語力は必須です。プログラミング言語は英語をベースとしていますし、多くの開発マニュアルや仕様書は英語で書かれていますので、読んで正確に理解できる英語力を20代のうちに身に着けておくことは大切です。英語学習は後回しにすればするほど大変になりますから、20代のうちに定期的に勉強時間を取り分けておきましょう。

30代で考えておくべきことは「英語力のスキルアップ」「応用力」

求められた作業を正確に果たすことはWebプログラマーとして最低条件。20代でそれができるようになれば、30代ではプラスαの仕事ができるようになることを目指すべきでしょう。

30代でも新しい言語の学習をやめない

プログラミング言語は日々新しいものが開発され、ニーズが変化したりします。30代のWebプログラマーは経験を通して、どんな言語が必要とされているのかを理解してくるはずです。そうした需要に応じて、新しい言語を学ぶことを続けていきましょう。

応用の効くプログラマーを目指す!

企業から仕様書が送られてきてその通りに開発していくよりも、「こんなWebサイトが欲しいんだけど…」というお客様の漠然とした要望を形にできるプログラマーが重宝されます。

仕様書なしの案件にも対応でき、お客様の意図を汲んでさらなる提案もできるようになれば、応用の効くWebプログラマーとしてさらなる活躍が見込まれるのです。

Webに詳しくないお客様のリクエストに対しても、その内容をきちんと理解して形にするためには、コミュニケーション能力も必要。まめにお客様に連絡をとり、要望通りのものが出来上がっているかを確認しておくことが大事です。

円滑なヒアリングを行なうため、そしてクライアントの要望にしっかり応えるため、コミュニケーション能力を磨くことも意識しましょう。

40代から取り組んでいくべきことは「世の中の流れに敏感であること」

40代からの転職は難しいので、今の会社における自分のキャリアをはっきりさせましょう。

40代でもWebプログラマーとして活躍しているスペシャリストは、需要の高い新しい言語を学び続けているものです。昔の成功や常識のこだわらず、常に最新の技術と流行に敏感であってください。

その他に年収が高いのはやはり、SEやプロジェクトマネージャーとしてキャリアアップしているタイプ。大きなプロジェクトになればなるほど関わる人数が多くなり、チームとして動くことになります。そのようなプロジェクトの中に、技術面の知識があるマネージャーがあると大いに助かるもの。

マネジメント能力を備えたWebプログラマーとしてチームをまとめることができれば、高い年収を維持できたり、40代での転職を目指すことも可能でしょう。

Webプログラマーになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ