あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » webプログラマーになるには » Webプログラマーの年収はどれくらい?

Webプログラマーの年収はどれくらい?

プログラマーとして活躍を目指すときに気になるのが、収入。ここでは、業界別・男女別・年代別にそれぞれの年収を調査してまとめています。

業界ごとの平均年収を紹介

専門的な知識を求められるWebプログラマー。気になる年収はどれぐらいなのでしょうか。

業界ごとの差や年代による年収の差に注目してみてください。

Webプログラマーの活躍する業種はさまざま。代表的な3つをピックアップして、平均年収を比較してみました。

業種 平均年収
Webサイト制作会社 480万円~
システム開発会社 520万円~
ゲーム開発会社 490万円~

Webプログラマーの仕事は、システムエンジニアがつくる仕様書に従ってWebサイトを構築するためのプログラミングを行なうこと。HTMLやCSSなどの知識はもちろん、データベース連携、ときにはシステムエンジニアが担当する設計に関わることもあります。年収は、スキルや実力によって幅が大きいようです。

男女別の年収の差を紹介

厚生労働省が発表した賃金統計基本調査を参考にすると、男女それぞれの平均年収は以下のとおり。

  • 男性…570万円程度(月額給与:約35万円)
  • 女性…405万円程度(月額給与:約25万円)

男女の年収は大きく差が生じているのが特徴的です。比較すると、150万円以上の差が。月の給与で計算しても、10万円の差があります。

これは、双方の働き方の違いに理由がありそうです。Webプログラマーの仕事はハードなもの。そのため、女性は結婚を機に退職したり、出産後はパートもしくは在宅で仕事をしたりする傾向が増えているよう。もちろんこれだけが年収に差がある理由ではありませんが、ひとつの原因となっています。

年代別の年収の差を紹介

あくまで参考程度ですが、年代別の年収についても調べました。

30代 平均年収 380万円~
40代 平均年収 490万円~
50代 平均年収 588万円~

年齢に比例して年収があがるのが一般的です。20代なら一般のサラリーマンとほとんど差はないでしょう。これは経験と実績が足りていないことが原因。Webプログラマーのキャリアは、開発したページの多さが大きく関係します。

社会人なりたてでWeb開発を任せられるのは非常に稀。複数人いるチームの一人として採用されるのが一般的です。

経験を重ね、30代になると徐々に差がでます。重要なポストに就くこともあるでしょう。40代・50代ではマネジメント的な役割を担うポジションになる可能性もあります。早い段階でステップアップを望むならば、まずは基礎を身に付け、どんどん実践を重ねると良いですよ。

Webプログラマーになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ