あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webプロデューサーになるには » Webプロデューサーの就職先は?

Webプロデューサーの就職先は?

このページでは、Webプロデューサーの就職についてまとめました。代表的な就職先や成功するために求められる能力も紹介しているので、参考にしてみてください。

Webコンサル会社やWebサービス会社、メーカーなどへの就職が可能

こちらではWebプロデューサーの就職先について代表的な4つを紹介いたします。

リーダーとして働く!Webコンサル会社

Webコンサルとは、依頼主のWebサイトの改修や広告・SNS活用、SEO対策などを行って、サイトに多くのユーザーを呼び込み、売り上げへの貢献を目指す職業のこと。

Webコンサル会社におけるWebプロデューサーの役割は、プロジェクトに一貫して携わるリーダー的な役割です。具体的にはクライアントとの打ち合わせや企画の提案、計画の進行、プロジェクト後のフォローといった業務を行います。

Webディレクターも兼任!Webサービス会社

Webページの制作を行うWebサービス会社ではWebプロデューサーがWebディレクターを兼任することがあります。規模の小さい企業ほどそういった傾向が見られるようです。

そのためクライアントとの交渉や市場分析といったマーケティング知識だけでなく、サイト作成のスケジュールや品質の管理、システムの設計といった制作全般に関するスキルも求められます。

やりがいを求めるなら!メーカー

Webプロデューサーとしてメーカーに就職する場合、その会社で行っているWeb業務の総合的な管理や、自社サイトの運営全般を任せられることが多いようです。

WebプログラムやWebデザインといった制作スキルをはじめとする幅広い知識が必要になるため、難しいながらもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

成功するか否かは実力次第!フリーランス

Webプロデューサーはプロジェクトをまとめ役のため、Webデザイナーやプログラマーと比べてフリーでの仕事が少ないのが特徴です。フリーランスのWebプロデューサーとして生きていくなら、豊富な実績と仕事を貰うための営業スキルが必要になります。

Web会社に依頼するよりもコストを抑えられるので、信頼できるWebプロデューサーのニーズは高め。駆け出しの時期は大変ですが、努力が実を結べばクライアントから重宝される存在になるでしょう。

Webプロデューサーとして将来成功するには

しっかりとした基盤づくりが重要

Webプロデューサーは実績がものを言う職業です。その実力主義な世界で成功するためには、幅広い知識・技術が必要不可欠。企画や市場分析といったマーケティング関係の知識はもちろん、Webデザインやシステム、プログラムといった実践的な技術も必要になります。

関連する資格の取得や自主学習、セミナーへの積極的な参加などを心がけ、基礎をしっかり固めていくことが重要です。

リーダーとしての能力が必要

Webプロデューサーとして成功するためには、営業のためのコミュニケーション能力やプロジェクトチームをまとめるための統率力、そして「この人になら安心してプロジェクトを任せられる」という信頼性や責任感など、リーダーとしての能力が必須で求められるでしょう。

次のページではWebプロデューサーになるために必要な知識や資格、おすすめのスクールについて紹介しています。Webプロデューサーになりたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

Webプロデューサーになる方法をチェック

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ