あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webプロデューサーになるには » Webプロデューサーの年収はどれくらい?

Webプロデューサーの年収はどれくらい?

Webプロデューサーの年代別の年収や給与を上げる方法についてまとめました。Webプロデューサーを目指している方や現役Webプロデューサーの方はぜひ参考にしてみてください。

Web業界の中では高水準なWebプロデューサー

Webプロデューサーの年収はWeb系の職業の中では比較的高い傾向にあります。勤めている会社や任せられている業務内容にもよりますが、20代で既に400万円前後、30代では500~600万円にものぼり、人気サイトのWebプロデューサーになるとその年収は1,000万円を超えることも。Webデザイナーの平均年収が300~400万円なので、Webプロデューサーの年収と比べてみるとその高さは一目瞭然ですね。

Webプロデューサーの年収は実績によって決まります。そのため年齢が若い人や経験が浅い人の年収は低め。豊富な実績を積んでいる人や、人気のあるサイト制作を成功させて能力があると認められた人は年収がアップするそう。Webプロデューサーはまさに実力主義の職業なのです。

Webプロデューサーとして年収をアップさせるには

Webプロデューサーが年収を上げるには在籍している会社の中でWebプロデューサーとしての自分の価値を高めるか、より待遇の良い会社に転職といった方法があります。

Webプロデューサーとしての自分の価値を高める

勤めている会社に在籍したまま年収を上げるには、Webプロデューサーとして成長することが重要です。たとえばマーケティングやWebデザイン、プログラムといったスキルを高めたり、新しい企画を提案してみたり、業務内容に関連する資格を取得したりするのもおすすめ。

また、勉強会やセミナーに積極的に参加するとより見聞を広めることができますよ。今すぐ年収を上げられる、というわけにはいかないものの自分の成長にもつながるため、中長期的に見れば非常に有効な方法です。

より待遇の良い会社に転職する

今すぐ年収を上げたい場合は給与の高い会社に転職するのも1つの手段です。人によっては転職して10~100万単位で年収が上がることもあるそう。

Web業界は社員の入れ替わりが激しいことが特徴で、転職を考える方も珍しくありません。自分の価値に対して支払われる給与が低いと感じている場合は、より待遇の良い企業へ思い切って転職してみるのも良い手でしょう。

次のページではWebプロデューサーになれるスクールを厳選して紹介しています。他にも必要な知識や資格、担うべき役割をまとめました。Webプロデューサーになりたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

Webプロデューサーになる方法をチェック

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ