あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webオペレーターになるには

Webオペレーターになるには

サイトの管理などWeb制作の補助的な役割を担うWebオペレーター。詳しい仕事内容や必要なスキルをまとめています。

なるべく早くWebオペレーターになるための最適な学習方法も調べてみました。Web業界への転職を考えている人はぜひご覧ください。

Webオペレーターとは?

簡単にいってしまえば、Webオペレーターとは「既存Webサイトの更新や、異常事態に対応する人員」という位置づけになります。

サイト制作に携わる職種の中でもちょっと特殊

Webオペレーターは、WebデザイナーやWebディレクター、Webプログラマーといった職種とは多少毛色が異なるのが特長。

これら3つの職種は、いずれもWebサイトの立ち上げや大幅なリニューアルといった作業に携わるのに対し、Webオペレーターは既存のWebサイトの運営に携わるのが主な仕事になります。

企業によっても業務の幅が異なるので要注意

一般的には既存のサイトの管理を担当する仕事ですが、Webオペレーターが求められる業務の幅は、その職場ごとに異なります。

例えば「更新情報のデータを既定のフォーマットに入力していく」「指示に従ってHTMLや画像を修正する」「更新作業に加え、スクリプトやflashの作成作業も請け負う」など。求められるスキルの高さも変わってくるので注意しましょう。

Webオペレーターが担う役割

Webオペレーターはディレクターの指示に基づいてWebサイトの運営や更新作業を行なうのが主な仕事で、「作成されたサイトの品質を守る」というWeb制作での補助的な役割を担っています。

その作業内容は高度な技術を要するものではないため、Web未経験からの就職のチャンスも豊富。

ネット社会が広がっている現代、あらゆる企業がこぞってサイトを制作しているため、その管理や運用を担当するWebオペレーターのニーズも高まっています。

ホームページに対する問合せ、文字化け・画像が出ないといったトラブルにも対応し、企業を支える存在として活躍できますよ。

学ぶべきスキルや知識

企業によってWebオペレーターに求められるスキルは違うため一概には言えませんが、既定のフォーマットに基づいてサイトの更新を行なう程度ならパソコン操作の基本スキルが身に着いていれば最低限の業務は行なえるでしょう。

更新の際にサイトのソースを書き換える必要がある場合は、個人レベルのホームページを作成できる技術が欲しいところです。

ただ、いつどんなトラブルが起きるかわからないため、サイト制作に必要な基本的知識は持っておいたほうがいざという時に安心。活躍の幅も広げられます。

高いスキルを身につけておけば、WebオペレーターからWebデザイナーへ転身するなど、自身の将来的キャリアアップにもつながりますよ。

Webオペレーターを目指すならWebスクールが最適?

Webオペレーターの仕事はWebデザイナーやWebプログラマーほど専門知識や技術を必要としませんが、それでも独学で身につけるよりはちゃんとしたWebスクールで学ぶのがおすすめです。

HTMLの記述方法や画像のアップ方法などは、専門書や個人サイトの作成などで学ぶことができますが、細かいノウハウを身につけるにはそれなりの実践が必要になります。

Webスクールなら短期間で学べる

Web専門スクールでは実際にWeb業界で働くプロから指導を受けられるのが大きな魅力です。業界の現状を踏まえて必要な知識を効率よく教えてくれるため、短期間でスキルを磨くのにうってつけ。

業界の裏話が聞けることもあるので、就職後の仕事にスムーズに対応できる力を養えます。なるべく早くWeb業界で活躍したいという人にはWebスクールでの学習が最適でしょう。

深い知識を学べばキャリアアップが有利に

スクールでレッスンを受け、Webオペレーターに必要な知識だけでなくプログラミングやデザインスキルを学んでおくと、仕事の幅が広がり将来WebデザイナーやWebプログラマーとしての活躍が目指せます。

未経験からはじめやすいWebオペレーターをキャリアップの土台とするのも良いかもしれません。

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ