あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webディレクターになるには » Webディレクターの年収はどれくらい?

Webディレクターの年収はどれくらい?

Webディレクターの年収はどのくらいなのでしょうか?業界ごとの平均年収や、男女別・年代別で差があるかを比べてみました。

Webディレクターからキャリアアップすればどんな職種があるかも紹介しているので、Web業界で活躍したいと考えている方は参考にしてください。

業種別にみるWebディレクターの平均年収

さまざまな業種で需要が高く人材も不足しているWebディレクター。そこで、業種別でどのくらい年収が違うかを比べてみました。Webディレクターの主な就職先からまとめてみると平均年収は以下の通り。

業種 平均年収
Webデザイン会社 380万円~
Web制作会社 400万円~
広告代理店 440万円~
ゲーム開発会社 450万円~
フリー 400万円~

Webディレクターの主な就職先はWeb デザイン会社やWebサイト制作会社。Webデザイナーの年収よりも少し高いのが特徴で、プロデューサーに比べると少し低めというのが一般的です。

未経験でディレクターをやる場合、年収はおよそ350万円から。独立してフリーで働いても年収が400万円以上あるので、経験と実績があれば企業に属さずに独立する方も多いようです。自分のスタイルで働き方を選ぶことができますね。

Webディレクターの年収は男女別で差はある?

厚生労働省の統計調査である賃金統計基本調査によると、男女別・年代別で予測されたWebディレクターの平均年収は以下の通りです。

性別 平均年収
男性 545.2万円
女性 390.1万円
年代別 平均年収
30代 366.6万円~
40代 470.0万円~
50代 564.0万円~

WebディレクターからステップアップするとWebプロディーサーへの道が開けます。受注した仕事をデザイナーやプログラマーに伝え、指示してまとめるのがディレクターであるのに対し、仕事全般の指示や確認はWebプロデューサーが行なうもの。

プロデューサーになると20代で400万円前後の年収が見込めますし、有名サイトのプロデュースを手掛ける売れっ子になると年収1000万円というケースも珍しくないのだとか。

将来ステップアップしてWebプロデューサーを目指すなら、今からでも自分の価値をきちんと評価してくれる会社を選んで就職しましょう。Web業界は人の出入りが激しく、ひとつの会社に長くいるよりもステップアップのために転職する方が多い業種

人によっては数十万、百万単位で年収が上がるケースも少なくありません。条件の良い会社があれば積極的に転職して経験と実績を積むと効率的です。企画やマーケティングのスキルを高めるために資格を取るのもおすすめ。ディレクターの段階から得意分野を伸ばしながら実績を積んでいけば、実力が認められ報酬アップが見込める職種です。

Webディレクターになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ