あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webディレクターになるには

Webディレクターになるには

商品としてWebサイトを制作していくうえで欠かせない役割を担うWebディレクター。ここでは、その詳しい仕事内容や必要なスキル、未経験からWebディレクターを目指す最適な方法などをまとめています。気になっている方はぜひご覧ください。

Webディレクターとは?

ひとことで言えばWebディレクターは、「ウェブサイト制作の現場責任者」という意味あいになります。

ウェブサイト制作の際にデザイナーやプログラマーなどのスタッフをまとめ、進行管理や品質管理などをする仕事です。ちなみにディレクターとは「監督」「指揮者」の意味で、映画の世界でたとえるなら映画監督に相当。

作品を作りあげていくうえで、まさに重要な役割になります。

混同されがちなWebプロデューサーとはちょっとした違いが

しばしばWebディレクターと混同されがちな存在として、「Webプロデューサー」という人がいます。一般的にディレクターはウェブサイト制作現場でのリーダーという立場であるのに対し、プロデューサーはクライアントとの折衝や予算管理などプロジェクト全体を統括する立場になります。

ただし、会社によってはディレクターとプロデューサーの仕事領域が重複していたり、1人の人間が兼務するといった場合も有りえるので覚えておきましょう。

未経験からでもなれるけど、最短で目指すならスクールへ

未経験からでもWebディレクターとして活躍することは可能ですが、Webについての広く浅い知識を必要とするため、デザイナーやエンジニアとして現場の経験を積んだあとになるケースがほとんど。

最短でWebディレクターを目指すには、Web制作について総合的に学べる大学や専門スクールに入学するのが一番でしょう。

Webディレクターが担う役割

先述したように、Webディレクターはデザイナー・ライター・プログラマー・オペレーターなどのスタッフを取りまとめて制作進行を監督します。

その業務領域はプロジェクトメンバーの人選や制作スケジュールの設計・管理、コンテンツの品質管理、メンバーのマネジメントにまで多岐に及びます。

Web制作のためにとにかく動く

サイト制作の進行を監督する立場とはいえ、決して机に座って指示を出すだけの仕事ではありません。

プロデューサーとともにウェブサイトの企画立案をねったり、デザイナーとともに撮影に携わったり、ライターの取材に同行するといった業務にも可能な限り関わる必要があります。

それゆえ、ディレクターには全体のスケジュール設計と管理能力が不可欠。プロジェクトの進行状況を正確に把握し、以降の作業にとれだけの時間や人員が必要かを見極め、納期を守りながら完成へ導いていかなければなりません。

幅広い知識も必要不可欠

ディレクション能力に加えて求められるのが、プランニング・デザイン・コンテンツ制作・プログラミング・HTML・CSS・コーディングなどの幅広い知識。

各パートの担当者全員としっかりコミュニケーションをとるための非常に重要な要素となります。すべての専門能力を極めるというよりは、それぞれの担当者によりよい仕事をしてもらうための守備範囲の広さが必要です。

学ぶべきスキルや知識

Webディレクターに求められるスキルは非常に多く、その数は細かく追及していくと20以上にものぼると言われています。

その中でもとくに身に着けておきたいスキルは「コミュニケーション能力」「洞察力」「リーダーシップ」「スケジュール管理能力」「正しく意見できる力」「予算管理能力」「デザインをロジカルに説明できる力」「制作スキル」の8つ。

コミュニケーション能力や洞察力、リーダーシップ、スケジュール・予算管理、制作スキルなどは納期を守りながら作品を作りあげていくために重要なスキルですね。前述の説明でもところどころで出てきました。

それに加え、良いものをつくるためには例えお客様に対してでも意見を言える強さ、できあがったデザイン1つひとつに対し「なぜそのようにしたのか」を説明できるロジカルな思考を身に着ける必要があります。

Webディレクターになれる!おすすめスクール3選

Webディレクターには「このスキルがあればなれる」というものがなくWebに関するできるだけ幅広い知識と高いヒューマンスキルが必要です。独学では膨大な時間がかかって困難なため、いち早くWebディレクターになりたいなら実際に業界で活躍しているプロから直接指導してもらえる専門スクールへの入学が近道。

就職サポートしてくれるところもあるので、チェックしてみてください。

ここからは「Webディレクター」を目指せるコースが開設されているおすすめのWebスクールを紹介していきます。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー公式キャプチャ
画像引用元:ヒューマンアカデミー公式(http://haa.athuman.com/academy/web/)

現役で活躍プロ講師から指導を受けられるヒューマンアカデミー。Webディレクターに必要なスキルはもちろん、就職後に役立つWeb業界の裏話も聞けるのが魅力です。全38コースもの豊富なレッスンが用意されているので、自分のペースで効率的に学習していけますよ。

講座のスタイル

クラス制・オンライン制・ブレンドスタイル

※ブレンドスタイルとは、クラス制・オンライン制を組み合わせたもので、学びたいスキルに応じてスタイルを変えることができるので、効率的な勉強が可能になります。

受講生の口コミ

  • もともとは製造業者の技術派遣だったのですが、景気の影響で事業が縮小することになり、Web業界への転職を考えたのが入学のキッカケです。
    通いはじめてみるとIllustratorやPhotoshopの知識がどんどん身に着いていって、楽しくて仕方ありません。自分の都合で無理なくスケジュールを組める点も気に入っています
  • ヒューマンアカデミーは指導してくれるプロ講師のレベルが高く、授業の質が他のスクールと全然違います。
    ただ必要な知識を話すだけでなく、今のWeb業界がどうなっているのか、どんな人を目指すべきなのかまで教えてくれるので今後に役立つ情報が満載!話の続きが聞きたくなる講師がいるのは大きな魅力ですね。

就職へのサポート体制

キャリアカウンセラーが在籍していて、1人ひとりの就職活動を全面サポート。応募書類の書き方から面接マナーまで細かく指導してくれます。
「どんな形で働きたいのか」「何をしたいのか」など仕事をするうえで重視しているポイントを洗い出し、それにあった就職先を探してくれるので、就職後の満足度も高いのだとか。

ヒューマンアカデミーの開校数

北海道、宮城県、埼玉県、栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県、和歌山県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県に計29校あり

ヒューマンアカデミーの公式HPで資料請求

ヒューマンアカデミーのWebディレクターコース

Webディレクション講座
受講スタイル オンライン制
金額 2万5,920円(税込)
コース単位 4単位(1単位90分)
習得可能なスキル ヒアリングスキル
進捗管理能力
納品後の効果測定
Webリテラシー講座
受講スタイル オンライン
金額 2万2,680円(税込)
コース単位 4単位(1単位90分)
習得可能なスキル Web業界で必要なリテラシー
コンピューターやインターネットの仕組み
マークアップエンジニアコース
受講スタイル クラス制
金額 33万480円(税込)
コース単位 24単位(1単位90分)
習得可能なスキル Dreamweaver
Webデザイナープロフェッショナルコース
受講スタイル ブレンド(クラス制・オンライン制)
金額 52万3,800円(税込)
コース単位 72単位(1単位90分)
習得可能なスキル Illustrator
Photoshop

ヒューマンアカデミーの公式HPでもっと詳しく見てみる


インターネットアカデミー

インターネットアカデミー公式キャプチャ
画像引用元:インターネットアカデミー公式(https://www.internetacademy.jp/)

日本でも高い実績を出しているWeb制作会社を母体に持つスクールで、制作現場のスキルとノウハウを学べるのが特長です。カリキュラムはすべてオリジナル。最新技術が取り入れられたレッスンで楽しくスキルを身につけられます。

講座のスタイル

クラス制・オンライン制・マンツーマン制

受講生の口コミ

  • インターネットアカデミーの「Webディレクターコース」を受講していました。忙しくても開いた時間で通えるシステムがありがたかったです。レッスン中に制作したサイトに対しプロの視点でアドバイスをもらえるので心強いですよ。
  • 就職活動を有利に進められるよう、Webを専門に扱っているインターネットアカデミーを選びました。もともと少しは知識を持っていましたが、誰にでも気に入ってもらえるようなWebデザインをつくるための視点をたくさん教えてもらい感謝しています。

就職へのサポート体制

Web制作会社の採用担当者からアドバイスをもらえる「Web業界就職ガイダンス」を定期的に実施。Web業界全体の現状やそれぞれの企業の特徴、採用担当者が重視するポイントなどを教えてもらえるので就職活動を有利に進めていけます。

職活動中には、面接で大きな強みとなる提出課題を現役Webデザイナーがブラッシュアップ。丁寧にフォローしてくれます。

Webディレクターとしての就職実績

Web制作会社/フリーランス/IT企業/独立開業/大手メーカーなど

インターネットアカデミーの開校数

国内には東京都(渋谷校、新宿校)に計2校あり

インターネットアカデミーの公式HPで資料請求

インターネットアカデミーのWebディレクターコース

Web担当者コース
受講スタイル クラス制・マンツーマン制・オンライン制
金額 48万7,029円(税込)
コース単位 137時間
習得可能なスキル HTML
JavaScript
Photoshop
Yahoo!プロモーション広告
CSS
Dreamweaver
SEO
Webディレクターコース
受講スタイル クラス制・マンツーマン制・オンライン制
金額 84万1,885円
コース単位 239時間
習得可能なスキル HTML
JavaScript
Photoshop
Webサイト制作実践
企画立案
SEO など

インターネットアカデミーの公式HPでもっと詳しく見てみる


テックアカデミー

テックアカデミー公式キャプチャ
画像引用元:テックアカデミー公式(https://techacademy.jp/)

短期間でプログラミングやアプリ開発などWebの知識をしっかり身につけられるオンラインスクール。「コロプラ」や「ぐるなび」など数多くの企業の教育も担当してきた実績の高さが特長です。

講座のスタイル

オンライン制

受講生の口コミ

  • ITの大きな可能性に魅せられ転職を決意。サービスと価格のバランスが良かったテックアカデミーで知識を学ぼうと考えました。
    自分のペースでカリキュラムを進めていけますし、サポートがあついので心強いですよ。おかげで2ヶ月での転職を叶えることができました。
  • ほぼIT未経験の状態からテックアカデミーのレッスンを受講し、プログラミング言語を学んでいきました。
    わからないことがあればすぐに質問できるメンターがそばにいてくれる環境だったので、効率的に学習できるのが良かったです。
    内定もスムーズに決まり、わくわくしながら仕事に向かっています。

就職へのサポート体制

テックアカデミーでは受講生のみが利用できる転職支援サービスを用意。身につけたスキルやプロフィールを登録すると、企業からコンタクトやスカウトメッセージが届く仕組みになっています。

受講開始後すぐに利用でき学習の進捗状況が企業に共有されるので、学習を進めれば進めるほど転職が有利に!疑問や悩みがある場合は担当のコンサルタントにメッセージで相談することもできます。

Webディレクターとしての就職実績

テックアカデミーの就職実績に関する記載はありませんでした。

テックアカデミーの開校数

東京都に計1校あり

テックアカデミーの公式HPで資料請求

テックアカデミーのWebディレクターコース

Webディレクションコース
受講スタイル オンライン制(マンツーマン)
金額 4週間プラン(社会人):9万9,000円
コース単位 80~160時間
Web制作の基本知識 ドキュメント作成スキル
企画スキル
マネジメントスキル
提案スキル
設計スキル

テックアカデミーの公式HPでもっと詳しく見てみる

Webスクールの受講スタイルの違いとは?

レッスンを受けるWebスクールを決める際、事前にチェックしておきたいのが受講スタイル。

「クラス制のほうが学習を継続しやすい」「オンライン制ならマイペースに学べる」などそれぞれに特長があり、自分の性格や受講内容に合ったスタイルを選ぶことで効率的に学ぶことができます。代表的な「クラス制」「マンツーマン制」「オンライン制」「ブレンドスタイル」をチェックしていきましょう。

クラス制

複数の生徒と一緒にレッスンを受けるのがクラス制。中学や高校でおなじみの授業スタイルです。周りの生徒から刺激を受け、モチベーションを保ちやすいのが魅力。Webディレクターの仕事をするうえで大切な広い人脈をつくれるまたとないチャンスになります。

マンツーマン制

1人の生徒に1人の講師がついて行なわれるレッスンです。それぞれのレベルに合わせて授業することができるため、「授業についていけない」「知ってることばかりで退屈」という心配がありません。

オンライン制

ネット上で授業を受けられるレッスンスタイル。パソコンがあればどこでも受講でき、時間や場所を選ばずに学べるのが最大の魅力です。忙しい人や空いた時間を使ってWebディレクターを目指したい人に最適でしょう。

ブレンドスタイル

クラス制とオンライン制を組み合わせた新しいスタイルのレッスン。「じっくり知識を身につけたい」「すぐにでもWebディレクターを目指したい」など、希望に合わせて効果的に学習することができるのが特長です。

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ