あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webデザイナーになるには » Webデザイナーの年収はどれくらい?

Webデザイナーの年収はどれくらい?

Webデザイナーの年収はどのくらいなのでしょうか?業界ごとの平均年収をもとに、男女別・年代別で年収の差を比べてまとめています。

Webデザイナーからのキャリアアップにはどんな職種があるかも紹介しているので、デザイナーだけでなくWeb業界に興味のある方は一度目を通してみてください。

業種別にみるWebデザイナーの平均年収

さまざまな業種で活躍するWebデザイナー。ここでは、いくつかの業種でどのくらい年収が違うでしょうか?

Webデザイナーの主な就職先からまとめてみると以下のようになりました。

業種 平均年収
Webデザイン会社 350万円~
Web制作会社 380万円~
広告代理店 450万円~
在宅フリーランス 250万円~
独立 450万円~

WebデザイナーはWeb プロデューサーやWebディレクターに比べると低いようです。また大手企業や中小企業で比べてみても年収には差があるよう。300万~400万円ほどの幅があります。

独立すれば年収アップを見込めますが、1人でフリーランスとして在宅ワークをするとなると年収は250万円くらい。企業で働くよりも100万円ほどダウンすると考えていなければなりません。

Webデザイナーの年収は男女別で差はある?

厚生労働省の賃金統計基本調査によると、男女別・年代別で予測された平均年収は次の通り。

性別 平均年収
男性 406.0万円
女性 290.5万円
年代別 平均年収
30代 273.0万円~
40代 350.0万円~
50代 420.0万円~

Webデザイナーとして働きながら年収を上げるためにはキャリアアップが必要。デザイナーからWebディレクターやWebプロデューサーへステップアップしなくてはなりません。そのためにはデザイナーとしてのスキルだけではなく、Webサイトのコーディングや管理などのスキルも求められるようになります。

将来、独立を考えていてフリーランスを目指す方なら、働きながら実力をつけるだけではなく、在職中に同じ業界や業種で人脈づくりをしておくといいでしょう。

フリーランスや独立は自分で営業活動をする必要があり、決まった収入を保証されているわけではありません。ですが実力が認められて受注が増えれば、自分の仕事単価が上がるので年収をアップすることができます。

Webデザイナーになる方法をチェック!

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ