あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

就職に有利なオススメの
Webスクールをチェック

WebスクールTOP » あなたが就きたい職種は?Webにかかわる職業カタログ » Webプロデューサーになるには

Webプロデューサーになるには

ここではWebプロデューサーの主な役割や必要な知識やスキルをまとめました。Webプロデューサーになるためのおすすめスクールについても紹介しています。

Webプロデューサーとは?

企画・設計・運営までプロデュースする仕事

Webプロデューサーとは、インターネット上のサイトづくりのために企画や構成を行ない、実際に制作してその後の運営まですべてを担う仕事です。

Webサイトをつくる上でクライアントとの調整役になったり、予算管理や運営のためのフローを把握したりしてプロジェクト全体をコントロールします。Webサイトはプロジェクトの進行が重要。人員計画やスケジュール管理を行ない、計画通りに進むように舵取りを行ないながら進行します。

実践的なWeb戦略スキルと実績も求められる

Webプロデューサーに、はサイト完成後にも管理運営という業務があります。Webサイトに問題がないかをチェックしたり、改修が必要な箇所があれば更新したりしてより良いサイトに改善していきます。

クライアントのサイトが利益を求めるものであれば、どのくらいアクセスがあったかを集計して分析。より集客できるような対策を施すのです。Webの広告戦略能力やマーケティングの専門的な知識も求められます。これはWeb業界の中である程度の経験や知識、実績を持っていなければ習得することができない能力と言えるでしょう。

Webプロデューサーが担う役割

現場とクライアント双方の声をくみ取って統率

Webプロデューサーは基本的にWebサイトの総合的な責任者として管理運営を行ないますが、単に企画や指示をするだけではありません。「いかに面白い内容のWebサイトに仕上げるか」「どのようなデザインやシステムを取り入れれば見やすくなるか」などユーザビリティ面にも目を向けながらサイトを完成させなくてはならないのです。

顧客の求める内容や品質か、コスト面でロスがないか、きちんと制作スタッフが進行できているかを把握し、ときには代替案を提案。その上で予算や納期を照らし合わせてコーディネートする役割も担っています。

顧客と制作現場の声どちらにも耳をかたむけて目指す方向がズレないよう取りまとめる力は、プロジェクトを一手に任されているプロデューサーの大きな責任の部分です。

属する業界ごとに求められる役割が変化

Webプロデューサーの仕事は、属する業界や雇われ先の企業によって求められる役割にも違いがあります。例えば制作会社に勤めている場合、プロデューサーはクライアントから依頼されたWebサイトの構築が主。

一方で広告代理店の所属だった場合、主な仕事は顧客商品のメディア展開やプロモーションなど、マーケティングによる戦略の方を重点的に求められることが多いでしょう。どちらにしても未経験で行なえる仕事ではなく、基礎から経験を積んで実績を固めていく必要があります。

学ぶべきスキルや知識

マークアップ言語や各種ソフトは必須

Webプロデューサーに必要とされる能力はいくつかありますが、Webサイト制作において最低限必要なソフトのマスターは必須。

サイト構築の基本であるHTMLやデザインレイアウト、またある程度のSEOタグやマーケティング知識も理解している必要があります。PhtotoshopやDreamweaberは必ずマスターしておいた方が良いでしょう。

スマホサイト構築のための企画や制作力

スマホが主流になってきた昨今、スマートフォン向けサイトを制作する技術も必須になりつつあります。今後はJavaScriptやjQueryなどのスキルを身に着けておいておくことも重要です。

円滑な進行のためのコミュニケーションスキル

多くの担当部署やクライアントなど、人との関わりが欠かせないプロデューサーの仕事にはコミュニケーションスキルが重要。ひとりひとりに気配りができ、どんなタイプの人とも上手く意思疎通ができる人が向いていると言えます。

また多少のトラブルが起きても上手く切り抜ける機転の早さや柔軟さも必要。周りをまとめながら臨機応援に対応できる統率力はWebプロデューサーにとって一番求められる部分と言っても過言ではありません。

Webプロデューサーになれる!おすすめスクール3選

Webスクールに通えば、業界で働いているプロの作業を実際に見ながら直接指導のもと学べるので、ひとりで学習するときより短時間で効率よくスキルが身につきおすすめです。スクールの受講スタイルによっては教え方に少し違いがあるので、それぞれの良さを見ていきましょう。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー公式キャプチャ
画像引用元:ヒューマンアカデミー公式(http://haa.athuman.com/academy/web/)

通信教育事業を多角的に展開しているヒューマンアカデミー。教材の分かりやすさと受講スタイルが選べるのが好評で、ライベートの予定や都合に合わせて自分のペースで好きなスタイルを選んで学習できます。

定期カウンセリングや就職セミナーなど学習後のフォローもしっかりしていて安心。

講座のスタイル

クラス制・オンライン制

受講生の口コミ

  • Web業界で活躍する講師だから実践が身に着く!
    講師の方々は実際に業界に携わって仕事をしておるWebに精通している方ばかりで刺激をもらいながら学習できました。提案書や企画書づくりまで教われたのは、フリーランスになった今とても役立っています。
  • 企画からサイトアップまですべて体感できました
    すべてひとりでサイトづくりができる内容の講座。政策の一連を学ぶことはとても大きな経験になりました。一緒に学んだ仲間は今でもたまに集まって情報交換できています。彼らが活躍している話を聞く度に私も頑張ろうと励まされますね。

就職へのサポート体制

専任カウンセラーが入学前から修了後までサポートをしてくれると好評。受講中は専門スキルを学ぶ手助けや学習進捗の確認をしながら個別指導を行ない、スキルアップのためのアドバイスをしてくれます。

就職活動時に使用する提出用のポートフォリオの作り方や応募書類の書き方指導など、面接前もバックアップ。修了後も相談を受け付けており、悩んだときにも気兼ねなく相談できる仕組み。仕事に就いた後も心強い味方になってくれるでしょう。

Webプロデューサーとしての就職実績

株式会社オプト/ネットイヤー株式会社/アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社/リンクシェア・ジャパン株式会社/株式会社アイレップなど多数

ヒューマンアカデミーの開校数

北海道、宮城県、埼玉県、栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県、和歌山県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県に計29校あり

ヒューマンアカデミーの公式HPで資料請求

ヒューマンアカデミーのWebプロデューサーコース

Webサイト制作基礎講座
受講スタイル オンライン
金額 21,000円(税抜)
コース単位 4(1単位90分)
習得可能なスキル インターネットの仕組み
サイト制作の基礎知識
コンテンツの作り方
SEO基本
Webリテラシー講座
受講スタイル オンライン
金額 21,000円(税抜)
コース単位 4(1単位90分)
習得可能なスキル 文字コード
拡張子・ファイル管理
SLLと証明書
プログラミング言語
動画配信サービスの活用
Webディレクション講座
受講スタイル オンライン
金額 24,000円(税抜)
コース単位 4(1単位90分)
習得可能なスキル ヒアリングの仕方
進捗管理
納品後の効果測定
プロになるためのWeb業界入門講座
受講スタイル クラス担任
金額 80,000円(税抜)
コース単位 8(1単位90分)
習得可能なスキル Webサイト素制作基礎
サイト設計
デザインプラン&プレゼンテーション講座
受講スタイル クラス担任
金額 100,000円(税抜)
コース単位 12(1単位90分)
習得可能なスキル マーケティング関連知識
広告業界の基礎知識
企画書づくり
プレゼンテーション

ヒューマンアカデミーの公式HPでもっと詳しく見てみる


インターネットアカデミー

インターネットアカデミー公式キャプチャ
画像引用元:インターネットアカデミー公式(https://www.internetacademy.jp/)

日本の教育業界で唯一のW3Cメンバー企業。1995年の創業して以来、25,000人以上の卒業生をWebの最前線へ導いてきました。講師はすべてW3Cで活躍するメンバーばかり。

技術開発のプロフェッショナルが実践的な現場のノウハウを教えてくれます。W3C公式の教材を使用しているので、最新で正確なカリキュラムから学べます。社会人でも短時間でスキルと人脈を得ることができるWebスクールです。

講座のスタイル

クラス制・オンライン制・マンツーマン制

受講生の口コミ

  • 仕事の効率がアップしました!
    高度なスキルまで学べて制作技術の幅が広がったと感じています。Web制作をするのがさらに好きになりました。自分のスケジュールに合わせて空いた時間だけ通えるところは、仕事をしながら無理なくできて良かったです。
  • Web制作に必要なことを一気に習得できた
    制作に必要なスキルを一気に学べたところが良かったです。「デザインだけ」「コーティングだけ」という講座が多い中、こちらでは即戦力になるための必須知識をすべて学べます。非常に貴重な時間でした。ありがとうございます。

就職へのサポート体制

インターネットアカデミーはグループ会社にWeb人材サービスを持っているので、業界のスキルとニーズに合わせた的確なアドバイスをしてくれます。履歴書や作品サイトなど、面接で必要な書類や作品を添削してくれますよ。

受講中からインターンシップで経験を積めるシステムも評判。子育てやフリーランスを支援するホームワーカーズのコミュニティと連携しているので、登録すればお子さんのいる方や在宅で仕事をしたい方も就職のチャンスが広がります。

Webプロデューサーとしての就職実績

スターツ出版株式会社/J-WAVE/株式会社角川デジックス/他多数

インターネットアカデミーの開校数

国内には東京都(渋谷校、新宿校)に計2校あり

インターネットアカデミーの公式HPで資料請求

インターネットアカデミーのWebプロデューサーコース

Webプロデューサーコース
受講スタイル ライブ授業、マンツーマン授業、オンデマンド授業を毎回選択
金額 753,810円(税抜)
コース単位 227時間
習得可能なスキル Webマーケティング
ホームページ制作
企画立案
セキュリティ
SEO
Photoshop、Illustrator、UI/UX、JavaScript、Java、PHP、HTML5、CSS、Linux、Dreamweaver

インターネットアカデミーの公式HPでもっと詳しく見てみる


リカレント

リカレント公式キャプチャ
画像引用元:リカレント公式(http://www.recurrent.co.jp/)

リカレントは完全通学形式のWebスクール。Webデザインやコーディングだけでなく、インテリアや照明デザイン、商空間など、デザインを中心に学べるスクールです。

Webプロデューサーコースでは企画やプレゼンの方法から企業を想定したサイトの企画まで学べます。プログラミングやグラフィックスも学べるので将来的にビジネスに活かすために、昼間は本格的に通学で学んでスキルアップしたい方に向いているスクールと言えます。

講座のスタイル

クラス制

受講生の口コミ

  • 講師が丁寧に、ときには厳しく教えてくれます
    入れ替えが頻繁なのか講師の方がよく変わるのですが、どなたも丁寧に教えてくれます。ときには厳しいこともいう講師も。業界で仕事をするなら知っておくべきことを言ってくれるのは気持ちが引き締まりますし、仕事をする厳しさや現実を知ることができるので助かります。
  • プログラミングの講義が充実していました
    PHPプログラミングとWebデザイナーのコースを受けました。Webアプリ制作ではデザインもコーディングもできなくてはいけません。自分のスキルアップのためにこちらで受けることに。講義はHTML/CSSやJavaScriptなど充実していて、進むテンポが早く、自分には合っていたと思います。

就職へのサポート体制

キャリアカウンセラーがひとりひとりにつきサポートしてくれます。将来のキャリアプラン設計の支援しながら模擬面接や求人情報提供を行ない、就職までをアドバイス。企業説明会や業界セミナー、登録会の情報を教えてくれるので就職活動の幅が広がります。

Webプロデューサーとしての就職実績

サイトに記載なし

リカレントの開校数

東京都内(新宿、銀座、池袋、渋谷)に4校、神奈川県(横浜)に1校の計5校

リカレントの公式HPで資料請求

リカレントのWebプロデューサーコース

Webプロデューサーコース
受講スタイル クラス担任
金額 658,000円(税抜)
コース単位 205時間
習得可能なスキル Webサイト企画・プレゼン
企業を想定したサイト企画
コンセプトメーキング
HTML5/CSS3
業界標準グラフィックソフト
PHP、JavaScript/jQuery

リカレントの公式HPでもっと詳しく見てみる

スクールチェックの前に知っておきたい受講スタイルの違い

ひと口にWebスクールと言っても授業のスタイルはさまざま。ここではWebスクールの種類ごとに違う受講スタイルについて紹介していきます。自分に合った学習方法の参考にしてください。

クラス制

少人数や多数生徒がいる教室に通って、担任や専門講師から実技を学べるのがクラス制。講師の目の前で実践することですぐに指摘やアドバイスをもらえるので、その場でスキルが身につきます。

マンツーマン制

マンツーマンで講師から直接指導を受けられるスタイル。どんなことでもすぐに質問でき、分かるまで教わることができるのできちんと理解しながら進められます。

オンライン制

映像教材を見ながら手元で実践して学んでいくスタイル。分からないところがあれば教材を止めたり繰り返し再生したりでき、自宅の好きな時間で学べるので、自分のペースで進められるのが特徴です。

ブレンドスタイル

教室に行けば講師による指導、自宅に帰れば空いた時間に映像教材と、二つの授業スタイルを同時に受講できます。基礎力と操作力の両方を向上させたい方におすすめ。

Web業界の就職に強いおすすめWebスクール5選

ページの先頭へ