憧れのWeb業界で働くために! 初心者のためのWebスクール徹底比較サイト

あなたにピッタリのWebスクールがきっと見つかる

サイトマップ

Webスクールを上手に活用して、未経験からWeb業界を目指しましょう!

Webスクールは
業界で働くための近道

基礎からしっかり学べる
Webスクール徹底紹介

本サイトでは、Web業界のスキルを身につけられるWebスクールを紹介しています。憧れの仕事をするための手引きとして、ぜひお役立てください。

Webスクールの
賢い選び方

豊富な講座が用意されている

豊富な講座が
用意されている

Webのスキルは1つ身につけてれば良いというわけではなく、まんべんなく知識を学び、幅広く対応できるスキルを身につけられることが求められています。そのため、デザインやコーディングなどのコースが充実しているWebスクールを選ぶようにしましょう。

受講スタイルが選べる

受講スタイルが
選べる

スクールに通うとなると、受講スタイルも確認しておく必要があります。もしも現在働いているのなら、そのライフスタイルにあった講座のほうが続けやすいからです。担任の先生がいるクラス制や、インターネットで学ぶオンライン制などがあります。

通いやすさをチェック

通いやすさを
チェック

人それぞれ都合があり、通える時間帯やスタイルは違ってきますが、全国各地に校舎のあるスクールは通いやすいと言えます。実際に校舎へ足を運ぶクラス制はもちろん、オンライン制でも近くに校舎があれば質問しに行くのもOKとしているスクールもあるのです。

就職サポートが充実している

就職サポートが
充実している

Webデザインやプログラミングといったスキルをせっかく習得しても、それを活かせなければ宝の持ち腐れです。将来を見据え、コースの充実度だけでなく、就職・転職サポートをしっかりしてくれるスクールを選ぶようにしましょう。

初心者にやさしい&経験者も
満足なコースがある

おすすめWebスクール
5選

自分の目で見定める!学びやすいスクールはどこ?

たくさんスクールがある中で、判断に迷ってしまう方のために「目指せる職業」「講座の多さ」「スクールの数」「受講スタイル」「就職サポート」など総合的に見て、おすすめのスクールを5校紹介します。
どんな特徴があるか、予算内の費用で通えるか、十分なサポートが受けられるかといった基準で比較しながら、自分にピッタリなスクールを見極めていきましょう!

ヒューマンアカデミー

選べる受講スタイル
  • クラス制
  • オンライン制
  • ブレンドスタイル

CHECK

即戦力として働くための充実したコースや講座が魅力

スクールの
特徴

全国に29校を展開している大手のWebスクール

ヒューマンアカデミーは初心者でも1からしっかりと学べる内容で、WebデザイナーやHTMLコーダーに必要なスキルを習得できます。Web関連のコースや講座の数は、なんと38種類以上!Webクリエイターとして活躍するための知識をまんべんなく学ぶことができるだけではなく、就職・転職のサポート体制も万全なスクールです。

講座の種類

38種類

【おすすめコース】
  • Webデザイナースタンダードコース:32万8,320円
  • マークアップエンジニアコース:20万4,120円
  • フロントエンドエンジニアコース:28万8,360円
  • Webディレクション講座(クラス制):5万6,160円
  • デザインワークス講座:10万8,000円

就職サポート

Web制作会社やデザイン事務所などへの就職実績あり!

ヒューマンアカデミーの特徴の1つに、就職・転職サポートの強さがあります。在籍しているジョブカウンセラーが、コースや講座を受講している間も修了後も、就職できるまで徹底的にサポートしてくれるのが◎。各業界の求人情報を提供してくれるのはもちろん、就職セミナーや企業説明会も開催していますよ。

目指せる職業

  • Webデザイナー
  • HTMLコーダー
  • Webディレクター
  • Webプロデューサー
  • Webプログラマー
  • Webオペレーター

スクールの数

29

北海道/宮城/埼玉/栃木/千葉/東京都/神奈川/新潟/静岡/愛知/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山/岡山/広島/香川/福岡/熊本/鹿児島/沖縄

ヒューマンアカデミーの口コミ

現場で使えるスキルを現役プロの先生が教えてくれる

最新の動向を踏まえたWebデザインの知識を学びました。その道のプロが実際に使えるスキルを教えてくれるので、とても勉強になりましたよ。日々進化していく業界内で置いていかれないよう、今後も自分のスキルを磨き続けます。(女性)

身につけたスキルを通して夢を見つけました

ヒューマンアカデミーで習得したスキルでWebデザインだけでなく、DTPの世界でも仕事をしています。ただ作業的に仕事をするのではなく、私のデザインでクライアントのビジネスを発展させられるようになるのが今の目標です。(男性)

新しい知識を取り入れると可能性が広がります!

今まで営業職だったので、それとWebの知識が合わされば新しいことができるんじゃないかと思ったのがきっかけです。ヒューマンでいろんなことを教わり、何事もやってみよう!という気持ちが大切だと感じました。(女性)

幅広く学んだことでスムーズに作業できています

現在、とある企業の広報部で働いています。1つのスキルにこだわらず、体系的な知識が持てるジェネラリストになれた点が良かったです。Web周りの仕事を外注する際、ヒューマンで勉強したことが活かせています。(女性)

ヒューマンアカデミーの公式HPで資料請求

ヒューマンアカデミーに電話で問い合わせる

Winスクール

選べる受講スタイル
  • マンツーマン制

CHECK

コースが豊富!全国展開しているパソコンスクール

スクールの
特徴

人材・企業育成で高い実績を残しているスクール

全国に58校を展開するwinスクールは、豊富なコースを用意することで受講生のさまざまな要望に応えているスクールです。また、即戦力となる人材育成にも力を入れています。提携している企業の要望を講座に取り入れることで、現場力を身につけられるのが嬉しいポイント。企業研修にも力を入れており、これまで1,000社以上の企業にパソコンスキルの研修を行ってきました。

講座の種類

37種類

【おすすめコース】
  • Webデザイナー+ライセンス:28万8,000円(税抜)
  • Webマスター:32万8,000円(税抜)
  • Javaプログラマ+HTML・CSS:31万8,000円(税抜)
  • IoTシステムエンジニア:28万6,000円(税抜)
  • IoT&AIスペシャリスト:40万8,000円(税抜)

就職サポート

キャリアコンサルタントによる手厚い転職サポートあり

授業を担当するキャリアコンサルタントの講師と、IT業界に精通したスタッフが、希望の就職先につけるようにサポート。受講生一人ひとりの希望を把握しているので、コース終了後は就職先探しの適切なアドバイスをしてくれます。履歴書や職務経歴書の書き方、面接練習も実施していて、転職活動を有利に進められるのが魅力です。

目指せる職業

  • Webデザイナー
  • Webプログラマー

スクールの数

58

北海道/岩手/宮城/栃木/埼玉/茨城/群馬/東京/千葉/神奈川/新潟/石川/静岡/愛知/三重/滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/岡山/広島/山口/香川/愛媛/福岡/長崎/熊本/鹿児島

Winスクールの口コミ

質問しやすい環境!就職もできて大満足

Winスクールはマンツーマンレッスンなので、授業中にいろんなことを聞くことができます。デザインやホームページ作成に関する疑問を丁寧に教えてくれたおかげで、スキルが上がり就職もできました。(性別不明)

不安だらけだったパソコン教室を、今は楽しく通っています

パソコン初心者の私を、快く受け入れてくれました。講師の方たちは、私のレベルに合わせて分かりやすく指導してくれます。復習もしてくれるので、忘れることはありません。最初は馴染めるか不安でしたが、講師の方も優しくてとても楽しく学べています。(性別不明)

個別で指導してくれたからスキルアップできた

Winスクールは、一人ひとりに個別で指導してくれるのでとても学びやすい環境でした。おそらく、クラス制のレッスンだと挫折していたと思います。おかげで卒業するころにはスキルが相当あがっていました。(性別不明)

パソコンスキル0から就職まで成長できました

就職するために、半年ほど通っていました。パソコンは0からのスタート。はじめはつまずくことも多かったですが、先生のアドバイスや励ましがあったから乗り越えることができました。徐々に勉強したことが身に付き、内定をゲットできましたよ!先生には本当に感謝です。(性別不明)

Winスクールの公式HPで資料請求

Winスクールに電話で問い合わせる

ISAPCスクール

選べる受講スタイル
  • マンツーマン制

CHECK

自分都合でOK!フリータイム制で好きな時間に学べる

スクールの
特徴

ISAPCスクールならどこでもレッスンを受けることが可能

個別指導でWebスキルの知識を深められるISAパソコンスクール。30年以上の歴史があり、その中で培ったスキルを詰め込んだオリジナル教材を使用しています。教材は、自宅での復習にも適していると評判上々です。また、普段通っているスクール以外での受講も可能。都合の良い時間に学べるフリータイム制なので、忙しい方でも通いやすいのが特徴です。

講座の種類

73種類

【おすすめコース】
  • Web.DTPデザイナーエキスパートコース:560,000円(税抜)
  • Webデザイナー総合Proコース:505,000円(税抜)
  • WebデザイナーProコース:400,000円(税抜)
  • Webデザイナー+プログラマー養成コース:520,000円(税抜)

就職サポート

転職実績が◎!無期限の転職サポートもあり

開校してから30年の歴史があるISAPCスクールは、受講生70,000人以上の転職をフォローしてきました。これまで培ってきた実績とノウハウで、多くの方をWeb業界に輩出しています。失業者や再就職向けの教育訓練を委託されていて、企業から求められるような人材を育成。スクール卒業後も、無制限で転職活動を支援してくれるところは見逃せません。

目指せる職業

  • Webデザイナー
  • Webプログラマー

スクールの数

14

東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城

ISAPCスクールの口コミ

基本的な知識を身につけることができた

先生が丁寧に指導してくれたおかげで、基礎的な知識を習得できました。自分でサイトを完成させられたときは嬉しかったです。Webデザイナーとして一人前になることを目標に頑張ります。(女性)

転職のためにWeb制作の技術を習得

転職するにあたって、今までとは違う分野のスキルを身につけるためにISAPCスクールに通いまいた。授業を受けることでWeb制作の技術を習得し、前職の知識も活かせる職につくことができてかなり嬉しいです。(男性)

Web制作の仕事に就くことができた

前職で簡単なデザインの仕事をしていて、モノ作りの楽しさに興味がわきました。一から勉強するためにこちらのスクールへ。就職サポートのおかげで、Web制作の仕事に就くことができました。(女性)

未経験からでもしっかり学習できるのが魅力でした

前職は食品会社に勤めていて、パソコンはデータ入力程度しか触ったことがありませんでした。ISAPCスクールでは、Webの知識を基礎から学ぶことができたので良かったです。今はサイト運営の仕事をしていますよ。(女性)

ISAPCスクールの公式HPで資料請求

ISAPCスクールに電話で問い合わせる

インターネットアカデミー

選べる受講スタイル
  • クラス制
  • マンツーマン制
  • オンライン制

CHECK

グローバルスキルが手に入る?最先端技術を学ぶスクール

スクールの
特徴

25,000人の卒業生を輩出!Web・ITスキルが学べるスクール

インターネットアカデミーは、Webデザイナーやプログラマーを育てるWeb専門スクールです。3つの選べる受講スタイルを活用することで、効率良く学習可能。自分のライフスタイルに合わせて受講できるのも魅力です。1995年に創業されてから、これまで25,000人以上の卒業生を国内外に輩出してきました。必要なスキルを短期間で得られるWebスクールです。

講座の種類

12種類

【おすすめコース】
  • Webデザイナー入門コース:19万5,943円(税込)
  • Webデザイナーコース:32万9,658円(税込)
  • Webデザイナー総合コース:68万4,514円(税込)
  • Webデザイナー検定コース:37万3,858円(税込)
  • プログラマーコース:51万1,714円(税込)

就職サポート

制作会社をグループ企業に持つWebスクール

インターネットアカデミーの就職・転職サポートは充実していると評判です。グループ企業にWeb人材サービスとWeb制作会社を持っているため、Web業界の求める人材やニーズを詳しく把握しているのが特徴。ほかにも、インターンシップ制度や採用担当スタッフからアドバイスが聞けるWeb業界就職ガイダンスなどのサポートも用意しています。

目指せる職業

  • Webデザイナー
  • Webプログラマー
  • Webディレクター
  • Webプロデューサー

スクールの数

4

東京/アメリカ/インド

インターネットアカデミーの口コミ

仕事をしながらWebデザインのスキルを習得できた

自動車整備の仕事をしていましたが、将来性を考えてIT関連の仕事を目指そうと思いました。仕事をしながら通いたかったので、インターネットアカデミーに入学。HTMLやCSS、Javascriptの基礎を学ぶことができました。(男性)

独学では学べない技術をいろいろ学べた

アパレル関連の仕事をしながら、独学でWebサイト制作の勉強をしていました。Web関連の仕事に転職するため、インターネットアカデミーへ。現在はプロダクションマネージャーとして働いています。(男性)

マンツーマンでじっくりと学習できるところがイイ

ある程度授業を受けると、オリジナルサイト制作の課題が与えられます。分からないところがあっても講師がサポートしてくれるのが魅力。ピンポイントで質問できるので、細かいスキルまで落とし込めますよ。(男性)

未経験でもソフトを使いこなせるようになった

まったくの未経験で知識もゼロだったのですが、インターネットアカデミーに通うことで、Web制作に必要な知識を身につけられました。ソフトの操作もマスターすると制作過程が楽しくなります。(女性)

インターネットアカデミーの公式HPで資料請求

インターネットアカデミーに電話で問い合わせる

テックアカデミー

選べる受講スタイル
  • オンライン制

CHECK

オンラインブートキャンプでスキルを短期間で身につけられる

スクールの
特徴

第一線で活躍するプロフェッショナルから学べる

豊富なコースの中から自分の目的に合わせてスキルを磨けるオンラインスクール、テックアカデミー。現場の第一線で活躍する現役のプロフェッショナルから、マンツーマンでプログラミングやWebデザインなどの知識やスキルを学べます。幅広いスキルをじっくり身につけたい方には「受け放題コース」がおすすめ。24週間、12種類のコースが受け放題できて嬉しいコースです。

講座の種類

12種類

【おすすめコース】
  • Webデザインコース:社会人12万9,000円(税抜)〜
  • UI/UXデザインコース:社会人9万9,000円(税抜)〜
  • Webアプリケーションコース:社会人:12万9,000円(税抜)〜
  • PHP/Laravelコース:社会人:12万9,000円(税抜)〜
  • Webディレクションコース:社会人:9万9,000円(税抜)〜

就職サポート

企業からスカウトメッセージが届く転職サービス

テックアカデミーでは、受講生に向けて無料で転職支援サービスを実施しています。コンサルタントへの転職相談はもちろん、個々のスキルをもとに企業からスカウトメッセージが届くシステムがあります。スキルを高めれば高めるほど、多くの企業からスカウトメッセージが届くようになるのです。学習と同時に転職活動を進められるシステムが魅力と言えます。

目指せる職業

  • Webデザイナー
  • Webプログラマー
  • Webディレクター

スクールの数

なし

オンライン制のスクールなので校舎はありませんでした。

テックアカデミーの口コミ

フリーランスでWeb制作ができるまでになった

独学で勉強はしていましたが、広く浅くという感じでした。Webに特化した技術を身につけたくてテックアカデミーに入学。専門的な知識や技術を習得して、今ではフリーランスでWeb制作の仕事をしています。(男性)

カメラマンからエンジニアへ転職できた!

関西でカメラマンの仕事をしていましたが、将来を考えると体力的に限界を感じ、転職を決意。テックアカデミーに入学してWebエンジニアのスキルを身につけ、現在はフロントエンドエンジニアの仕事をしています。(女性)

独学で磨いた技術をさらに磨けました

独学で勉強していたコーディングスキルが正しいかどうか確認するため、こちらのスクールに入りました。もちろん、正しい知識を身につけるためでもあります。講師のおかげでさらに技術を上げることができました。(女性)

営業マンからプログラマーへ転職できた

もともと営業職の仕事をしていましたが、やりがいを感じることができずにいました。プログラミングに興味があったので、テックアカデミーに入学。必死に勉強してプログラミング関連の内定をもらいました。(男性)

テックアカデミーの公式HPで詳しく見る

あなたが就きたい職種は?
Webにかかわる
職業カタログ

実際にどんな作業をする仕事かを把握しよう

Webのスキルを身につける前に考えておきたいのが、自分が何の職業に就きたいのか。
就きたい職業が明確なら、Webスクールで受ける講座も明確になってきますよね?
Web業界といっても幅広い職業があるので、それぞれどんな職業なのか詳しく見ていきましょう。

Webデザイナー

Webデザイナー

見栄えの良いサイトを作る・Webデザイナー

使いやすくて美しいサイトを作るのがWebデザイナー。そのためにレイアウトや色使い、フォントを熟知しなければなりません。独学でも習得できる技術ですが、本気でWebデザイナーの仕事に就きたいなら基礎を固める必要があります。専門のスクールに通うことで効率よくスキルを身につけられますよ。

Webディレクター

Webディレクター

Webサイト制作を束ねる現場監督・Webディレクター

Webサイト制作の責任者として、デザイナーやプログラマーをまとめたり、進捗やスケジュールを管理したりする役割を担うWebディレクター。お客さんとの打ち合わせや企画・立案からはじまり、サイト完成にいたるまですべての工程にかかわることになるので幅広い知識やスキルが必要なのが特長です。Web制作のためにとにかく動く、やりがいのある仕事だと言えます。

Webプログラマー

Webプログラマー

Webサイトの使い心地を高める・Webプログラマー

さまざまなプログラム言語を駆使して、ネット上のシステムを作り出すWebプログラマー。分かりやすく言うとネットショッピングの際におなじみのショッピングカートや検索フォームを作る仕事です。ユーザーが快適にサイトを利用できるのは優秀なプログラマーのおかげ。サイトによって使用するプログラム言語が違うため、幅広いプログラミング知識が大切です。

HTMLコーダー

HTMLコーダー

デザインをWebページ上に表示させる・HTMLコーダー

CSS・HTMLなどの知識とスキルを駆使するのが、HTMLコーダー。Webページ上でデザインが表示・動作されるよう「コーティング」と呼ばれる作業を行なっています。文字を目立させたり画像を修正したり、公開前からその後の管理にいたるまで、になっている役割はさまざま。そのため特定のプログラミング言語だけでなく、スクリプト言語や複数のブラウザに対応できる幅広い知識とスキルが必要な職業と言えます。

Webプロデューサー

Webプロデューサー

企画やスムーズな運営に一役買う・Webプロデューサー

Webサイトを作るうえでの企画や運営を担うのが、Webプロデューサーのお仕事です。うまくプロジェクトを進行させる必要があり、時には人員配備を検討したりやクライアントとの調整役をしたりします。また、制作して終わるのではなく、Webサイトができ上がったあとも引き続き運営し、改修や更新も大切な業務です。

Webオペレーター

Webオペレーター

Webサイトの品質キーパー・Webオペレーター

WebデザイナーやWebプログラマーとは少し違う、でき上がったWebサイトの管理や運用を担当するWebオペレーター。文字化けやエラーなどのトラブルが起こったときにも、Webオペレーターが対応します。ほかの業種のような高い知識や技術を必要としないため、未経験からも目指しやすいのが特長。ただ、企業によって対応する仕事の幅が大きく異なるケースがあります。

先輩の声を聞こう!
Webスクール体験談集

未経験でも仕事をしていてもWebスクールは通えますか?

先輩の声を聞こう!Webスクール体験談集

「Web業界のことを何も知らない…」「働きながら通うことって本当にできるの?」などの悩みを抱えている方は少なくありません。ここでは、未経験のままWebスクールに飛び込んだ方や、仕事と勉強を両立させて無事に卒業できた方のリアルな体験談を一挙ご紹介します。先輩方の声をぜひ参考にしてください。

受講生や卒業生のリアルな
体験談を読んでみる

教えて!Web業界ってどんなところ?

詳しく知りたいWeb業界の事情をギュッとまとめました

「Web業界」とは、インターネットを通してさまざまなサービスを提供する企業のこと。Web業界という言葉が浸透するようになって、まだ20年くらいだと言われています。そんな業界の事情を、どれくらい知っていますか?

こちらでは、どんな人が活躍できる業界なのか、将来性がある業界なのかについて深く掘り下げていきます。

WEB業界へ転職するメリット~他業界との違い~

WEB業界は、プログラマーやデザイナーやプロデューサーなどの職種に分かれています。そして、WEB業界は、慢性的な人手不足に悩まされている業界です。

そのため、webスクールなどで勉強してスキルのある人は、条件のよい職場に転職できる可能性があるのです。WEB業界には、他業界とは違ったWEB業界へ転職するメリットがあります。ここでは、そのメリットについて説明していきます。

まず1つ目のメリットは、専門的技術が磨かれていくことです。例えば、プログラマーは、プログラムを作ることで、プログラミングのスキルがどんどん上がっていきます。

2つ目のメリットは、最新の技術や情報に触れながら働けることです。業界自体の進歩が速いので、どんどんと新しいものに触れられます。

3つ目のメリットは、経験とスキルが上がっていけば、自分から企画することも可能になります。4つ目のメリットは、スキルが高い場合は、わりと自由な働き方を選べることです。

1.専門的技術が磨かれていく

WEB業界には、WEBサイトを動かすプログラムの開発をするプログラマーや、WEBサイトのデザインを考えるデザイナーなどの職種があります。さらに、WEBサイトのコンテンツなどを企画するプランナーや、WEBサイトを作るために、スケジュール調整やスタッフの配置などを考えるWEBディレクターなどの職種があるのです。

WEBサイトを作るために、それぞれの職種に独自の持ち場があり、それぞれに専門的な技術が必要です。そのため、WEB業界へ転職した場合、どこのポジションに配属されたとしても、専門的技術が磨かれていくのです。

もちろん転職してから経験を積んでいけば、専門的技術はどんどんと磨かれていきます。しかし、他の人と差をつけたり、より早くにスキルを身につけたりするためには、webスクールで学ぶことも大切です。専門的技術を身につけるためには、効果が高いでしょう。

2.最新の技術や情報に触れながら働ける

WEB業界は、技術の進歩や情報の変化がとても速い速度で進んでいる業界です。例えば、現在WEBサイトを作る開発言語は、PHPやRubyやPythonなどがありますが、この言語が5年後や10年後まであるかどうかはわかりません。そのくらい技術の移り変わりが激しい業界なのです。

WEB業界に転職するとこの移り変わりの激しい変化についていかなければいけません。そのため、変化についていけずに辞めてしまうことも多い業界です。しかし、最新の技術や情報に触れながら働けるというメリットもあります。

さらに、この変化についていくには、若い世代の方が柔軟に対応できるため、20代の求人がとても多い業界でもあります。また、技術の変化についていくことや、新しい技術を学ぶためや、自分の持っているスキルの向上のためにwebスクールに通いながら働いている人も数多くいるのです。

3.自分から企画することも可能

WEB業界には、企画からスタートして、基本設計や詳細設計を書いて、プログラムを製造して、テストして、納品することが一連の流れです。もちろんこのスタートからエンドまでの期間が、何年単位にもなるとても大きい案件もあります。

しかし、WEB業界の案件は、わりと期間の短い案件を短いスパンで行うことが多いです。そのため、開発からリリースまでが一週間などという案件もあるのです。

このように、短い期間で多くの案件をリリースしていきますので、スキルさえあれば自分が試したい企画や、実現させたい企画などを提案するチャンスでもあります。そして、次々と短期間で案件が変わることにより、提案が通る可能性が高くなるのです。このように、WEB業界は自分で企画を考えたい人にとっては、チャンスが溢れている業界でもありますので、やりがいがあります。

4.自由な働き方を選べる

WEB業界は、基本的にはスキルの高い人が優遇されている職場といえるでしょう。スキルが高い人の場合、スキルの低い人に比べて報酬も高くなりますし、場合によってはフリーランスで仕事をしている人のように自由な働き方を選ぶことができます。

また、年齢や経験が重視される業界ですし、必要以上のスキルを持っていれば、業界自体が人手不足なので、自分の自由な条件で働くことも可能なのです。例えば、フリーランスのように働くこともできますし、職場によっては在宅勤務で働くことも可能です。

WEB業界は、環境さえあれば在宅でも働きやすい業界です。転職サイトを探してみても、在宅勤務が可能な職業は、WEB業界などのIT業界に多くあります。また、在宅勤務は、通勤時間がなくなることや、時間にしばられないために自由な働き方ができるのです。

フリーランスとして働くためには何が必要か?

フリーランスとは、企業などに属さないで個人で仕事をする人のことをいいます。WEB業界でフリーランスとして働くためには、個人として仕事を受注する必要があるため、個人でやっていくためのスキルが必要です。ただ自由に仕事をしたいためだけにフリーランスになることは、成功することが難しくなるでしょう。

フリーランスとしてやっていくためには、事前に受注できる仕事を確保しておくことが大切です。そして、勤務時代から人脈やコネなどを作っておいて、フリーランスになってから仕事の受注に苦労することがないようにしましょう。

WEB業界でフリーランスとしてやっていくためのスキルが足りない人は、webスクールなどに通って必要なスキルを身につけておく必要がある のです。

さらに、病気などをしてしまった場合、企業に属していれば休んでいても収入に困ることはありませんが、フリーランスは仕事ができなければ収入もなくなってしまうのです。そのため、体調の管理には十分に気を付ける必要があります。

資格と経験はスキルの証明になる

フリーランスとして、仕事を受注するためには、今までにやってきた経験や、そのことによって得たスキルを証明しなければいけません。もちろん職務経歴書のようなものを作って提示することで、発注側にはどのようなスキルを持っているかを示すことができます。それに加えて保有している資格を提示できれば、さらにスキルの証明になるのです。

それでは、WEB業界でフリーランスとして働くために、スキルの証明となるような資格には、どのようなものがあるのでしょうか。例えば、WEBデザイナーとしてスキルの証明になる資格は、Webクリエイター能力認定試験や、HTML5プロフェッショナル認定資格や、ウェブデザイン技能検定などがあります。

また、WEBディレクターとしてスキルの証 明になる資格は、Web検定Webリテラシーや、Web検定Webディレクションや、 ITパスポート試験などです。さらに上級者には、Web検定Webプロデューサー試験などがあります。

フリーランスにはどんな人が向いている?

フリーランスは、企業にしばられないで自由な時間に仕事ができることや、仕事をした分だけ収入になるメリットがありますが、一方で、土曜日や日曜日などが休日であるというルールがなかったり、仕事や給料に保証がなかったりするというデメリットもあるのです。フリーランスに向いている人は、このようなメリットを武器にできる人です。

例えば、仕事は一人ですべてをしなければいけないため、一人でいることが嫌でない人はフリーランスに向いています。次に、フリーランスで成功している人は、仕事をすることが好きな人が多いです。

また、フリーランスは、報酬のことや条件のことについてすべて自分一人で交渉をしなければいけません。そのため、自分で交渉ができる人が向いている人といえます。

さらに、フリーランスの仕事はすべて自己責任のため、自分で責任を取れる人も向いている人です。他にも、自分でいろいろな所に動いていかないと仕事が取れないため、積極的に動ける人がフリーランスには向いています。

Web業界
活躍している人に聞きました

Webスクールに通った経験はある?

Web業界で活躍している人に聞きました

Web業界で働いているひと100人にアンケートを実施。Webスクールに通った経験はあるか、実際に学んだことが役に立っているかなど、気になることを調査しました。

アンケートの結果はコチラ

webスクールで取得できる資格はさまざま

webスクールと一口に言っても、場所によって教えてもらえる内容には差があります。取得できる資格の種類も違っていますし、卒業後にどのような仕事ができるのかも違っています。

そのため、webスクールを選ぶときには、将来のことまで考えた上で決めていかなければなりません。なりたい自分に近づけるwebスクール選びができなければ、お金と時間を無駄にしてしまいます。

ただ、IT業界に詳しくない人は、どのような資格があるのかさえ知らないことが多いです。この際、一通り勉強をしてみるのもいいでしょう。

IT業界には様々な資格があり、どれも仕事に直結するものばかりです。最初に取得した資格で進路が決まることが多いので、まずは資格の種類を知って、進路選択の参考にしましょう。

1.webクリエイター能力検定

近年はwebデザイナーの需要が右肩上がりですが、webデザイナーを目指すなら「webクリエイター能力認定試験」は受けておくのが望ましいでしょう。

webデザインをする際には、HTMLやCSSの知識が要求されます。この資格に合格しておけば、それらに関する高い能力があることを第三者に簡単に証明することができます。履歴書に書いておくだけでも就職には有利になるので、webスクールに通ってこの資格を狙う人は多いです。

資格のレベルは二段階に分かれています。初級者から中級者ならスタンダードに合格することを目標にすればいいでしょう。エキスパートは非常にレベルが高いので、これは就職をした後に狙うのが一般的です。エキスパートは現場で経験を積まなければ合格は難しいので、まずはスタンダードに合格することを考えるのが一般的です。

ただ、どちらも受験資格に制限があるわけではないので、webスクール在学中にエキスパートを取得することも不可能ではありません。

2.webデザイン技能検定

「webデザイン技能検定」は、合格できれば大きな武器となります。IT関連の資格は民間資格が多いので一部でそのレベルが疑問視されることも多いのですが、これは国家資格なのでその心配もありません。

webデザイン技能検定に合格すれば、その後は「ウェブデザイン技能士」の名称を名乗り、仕事をしていけます。就職時にも強い武器となりますが、独立時にも大いに役立ってくれることでしょう。この資格の取得をサポートしてくれるwebスクールなら、お金を払って通う価値がありそうです。

ただ、受験資格が非常に厳しくなっている点は知っておきましょう。1級を受験する場合は、七年以上の実務経験が求められます。高専や大学を卒業しているなら期間は短縮されますが、高専卒でも五年の経験が求められますし、大卒でも三年以上の実務経験が求められます。

ただ、先に2級に合格しておけば、実務経験は二年に短縮されます。2級なら大学を卒業しているだけで受験できるので、まずは2級を狙うのが一般的です。高卒の人でも3級なら狙えます。

3.ホームページ制作能力検定

今の時代は、ほとんどの企業がホームページを持っています。商品やサービスごとにホームページを作るケースも増えてきました。そのため、ホームページを制作する能力があることを証明できれば、就職も上手く行く可能性が高いです。

「ホームページ制作能力検定」を受けて合格しておけば、スムーズにホームページ制作ができることを他人に証明できます。webスクールの中には、この試験に強いところも存在しているので要チェックです。

ホームページ制作能力検定は、単なるペーパーテストではありません。試験内容は実際にホームページを作るというものになるので、ただテキストで勉強をしているだけでは合格が難しくなります。

webスクールに行けば、合格確率はアップさせられます。webスクールなら、手取り足取りホームページ作りを教えてもらえるからです。独学に比べて、試験に合格しやすくなることは間違いないでしょう。

ちなみに、この能力検定の合格率は90%ほどと非常に高めです。難易度は低めなので、初心者でも臆する必要はありません。

4.Photoshopクリエイター能力検定

「Photoshopクリエイター能力検定試験」というのは、画像処理に関するスキルがあることを証明する試験です。webデザイナーになるためにはHTMLやCSS以外にも、デザインに関する知識やスキルがあると有利です。特にPhotoshopを使って画像のレタッチができれば強いです。最近のホームページには写真の掲載が欠かせないからです。

Photoshopが自由自在に使えれば細かいデザインパーツも自分で作れるため、企業としてもコスト削減に繋がると大歓迎してくれます。履歴書にこの資格を持っていることを書いておくだけでも、他人より有利な立場が得られることでしょう。

試験のレベルは、スタンダード、エキスパートになっていますが、どちらも受験資格はありません。基本的に誰でも受験可能です。

Photoshopはそもそも値段の高いソフトですし、独学でマスターするのも割と難しいので、この資格を取るためにwebスクールに行くのは賢い選択になりそうです。

5.CIW JavaScript・スペシャリスト

CIWというのは、海外でも通用するIT関連資格です。試験内容は細かく十種類ほどに分かれているのですが、その中でもJavaScriptのスペシャリストであると認定してくれる試験が人気です。webデザイナーやwebプログラマーなど、web関連の仕事をしたい場合には、この資格を持っていれば有利だからでしょう。JavaScriptはそれほどまでにwebと相性のいいプログラミング言語なわけです。

CIWは国際資格ですから、海外で仕事をしてみたいと考えている人にも最適です。また、スマホアプリの開発に携わりたい場合にも有力な選択肢となります。

国際的な資格なので基本的には英語で受験するのが望ましいとされていますが、日本語しかできない人のために日本語版の試験も用意されています。日本語版の試験なら、問題文も日本語なので安心です。もちろん、言語が違うだけで問題の内容に変更はありません。資格の威力も基本的に変わりません。

資格を取るメリット

世の中にはさまざまな資格がありますが、資格を持っていると得られるメリットは大きいのです。最近では資格を取ってもあまり意味がないと言う意見も聞かれますが、資格取得により得るもの多々あります。

まずひとつめが自分をアピールする材料になることです。資格よりも実務を優先する風潮もあるのですが、未経験でも資格を取得していれば専門的な知識を持っている証明になります。おかげで転職や就職の際に資格を持っていることが有利に働くことも少なくありません。仕事の幅が広がり、昇進や昇給につながることさえあります。たとえ取得した資格が現在の仕事にあまり関係なかったとしても、資格を持っていることで専門的な知識を持っているとみなされますので、任せられる仕事の幅が増えるのです。

さらには資格取得が昇進につながる、資格手当などが加算されて昇給することもあります。自分に自信がつくことも資格取得のメリットです。資格を取得するために一生懸命勉強したことは、自分にとって大きな財産になります。複数の資格を組み合わせることで、さらに自分自身の強みをアピールできるようになります。

複数の資格を持っていることで専門性が増えますので、転職や就職、昇進や起業などさまざまな面で役立つようになります。

直接関わりのない知識も身につけておくと便利

資格を取得しようと考えると、実務に関係のある資格を取得しようと考える方が多いでしょう。しかし実務に関係のない資格だったとしても、それが後に思わぬ形で役立つこともあるのです。

たとえば英語関連の資格もそのひとつです。グローバル化がますます進む現代では、語学力(特に英語力)が求められる場面が多々でてきます。今のところ国際化や英語とは無縁だと思っていても、いきなり海外の会社に現在努めている会社が吸収合併されてしまったり、社内の公用語が英語に変わったりと大きな変化が訪れる可能性は十分あり得ます。英語の資格はたくさんありますし、お手頃価格で学べるアプリなども充実していますので取得を目指してみるのもいいでしょう。

簿記の資格も持っているとビジネスで役立つ点が多々あります。簿記は経理に携わる人が取得する資格だと思われていますが、簿記の知識は営業などの他部署での仕事や、経営者の仕事をするのに役立つのです。3級ならチャレンジしやすいので取得を考えてみましょう。

他にもある!取っておくと役立つ資格

資格について調べてみると非常にたくさんの種類があり、新しく作られた資格も少なくありません。資格を取得しておくと知識を深めるだけでなく、自分の強みにもなります。ビジネス著作権検定や色彩検定など、取得しておくと役立つ資格がいくつかありますのでそれについて紹介していきます。

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定とは、著作権に関する基礎的な理解、応用力を判定するための検定試験になります。サーティファイ著作権検定委員会によって主催、一般社団法人知的財産教育協会によって監修されています。

ネットの普及により著作権を侵害するような事例が増えてきている昨今では、著作権に関する知識の需要が求められています。著作権は意匠や商標といった他の知的財産権とは異なり、登録や申請を行わなくてもだれでもその権利者になれるのです。

ビジネス著作権検定では著作権に関する理解を深めて、ビジネスに活用するための知識や能力を計りますので、資格を取得できれば著作権に関する深い知識やスキルを持っていると強くアピールできるようになります。著作権は業界や業種に関係なく求められる知識ですので、転職や就職の際にも有利に働くことが出てくるでしょう。

またビジネスシーンでも資格を持っていることが信頼度を高めることにつながりますし、社内コンプライアンスにも活用できますので役立つ場面も多いのです。

Google AdWords 認定資格試験

Google AdwordsとはGoogleが提供している広告出稿サービスのことを意味します。Google Adwordsを使用することにより、低予算でも広告出稿が可能になりますし、期待するほどの効果が見られない時は広告出稿自体をやめることもできるのです。

Google Adwordsを使用してユーザーが検索エンジンでキーワードを検索した際に連動した広告を出せるリスティング広告を運用している方も少なくありません。そこであると役立つのがGoogle Adwords認定試験になります。

この資格を持っているとGoogle Adwordsに関する基礎知識と応用力、実務に優れていることを証明できるようになります。Google Adwordsは必須項目であるAdwordsの基礎と検索、ディスプレイ、モバイル、動画、ショッピングのいずれか一つの分野を選んで試験を受けることになります。たとえ不合格になってしまった場合でも一日後から再受験が可能ですので、すぐに再チャレンジできるのも嬉しいでしょう。

ネット広告が多様に使われていますので、Google Adwords認定試験を持っていると会社でも重宝されますし、転職や就職にも有利に働くでしょう。

色彩検定

色彩検定とは色に関連する幅広い知識やスキルが問われる検定試験になります。色彩に関連する資格といえばデザインやメイクなどファッションや美容関係で重宝されそうな資格だと考えられがちですが、それ以外でも役立つ場面は多々あります。

たとえばプレゼンテーション資料を作るときにも、色彩の知識が活かせます。見やすくわかりやすい企画書やプレゼンテーション資料を作るのに役立つのです。また家具店などインテリア関係で働く方にとっても色彩検定は役立つ点が多々あります。家具やインテリアとの調和を色の観点から考えて、最適なプランを提供できるようになるでしょう。

Web関連の仕事に就いている方にも色彩検定をとっておくと、役立つ点が出てきます。たとえばホームページの作成などウェブデザインなどの仕事に就いている場合も、配色を考慮することでより見やすいサイトを作れるようになります。色彩検定の勉強はスクールに通うだけでなくwebスクールでも学べますので、働きながら資格取得もできるでしょう。

ウェブ解析士

ウェブ解析士という資格は、ウェブマーケティングで用いられる手法でありウェブサイトからあらゆるデータを活用して、事業成果をあげるために役立ちます。

よく比較されるアクセス解析とはウェブサイトを分析する行為のことを意味するのであり、ウェブ解析とはアクセス解析によって得られる数値を基にしてウェブサイト以外の情報も収集する手法のことです。

ウェブ解析士の資格を取得するメリットは多々あります。KPI設定ができるようになることもそのひとつです。KPI設定とは重要事業評価指標のことであり、それを設定し管理職や経営者に報告できます。ウェブマーケティング計画書の立案や、目標売上を達成するためのウェブ戦略を考えられるようにもなります。またサイトごとに問題点を指摘し、サイト改善を行うときにも役立ちますし、各部署との調整役も果たせるようになります。

ウェブマーケティングは業種や業界に関係なく求められるスキルのひとつですので、仕事上だけでなく転職や就職の際にも役立つでしょう。

Webアナリスト検定

今後もウェブサイトから情報収集を行ったり、集客をしたりすることが求められるでしょう。ウェブサイトを分析、改善できる資格として注目されているのがWebアナリストです。

Webアナリストのスキルが身についていることを証明できるのが、Weアナリスト検定試験になります。企業のホームページやそれに関連するサイトに興味、関心を持ってもらうためには良質なコンテンツを作成するだけでなく、広告やSEO対策が重要なポイントとなってきます。

Webアナリスト検定はホームページやブログなどを分析、改善するのに必要な基礎知識を問われる検定試験です。Google Analyticsを活用した解析の手法、アクセス解析のための基礎知識を中心に学んでいきます。似かよった資格にWeb解析士があるのですが、こちらは上級者向けの資格になりますので、初心者はWebアナリストのほうから取得を目指してみましょう。

Webアナリスト検定の資格を持っていると、これからブログを開設しようと考えている方や、企業のホームページ担当などを任せられた時などに役立つ知識が得られます。

それぞれで必要な知識や技能は異なる

高度なITスキルがあることを認定する資格は数多いですが、それぞれ必要になる知識やスキルは異なっています。また、試験のレベルも様々です。まずは自分の現状をよく把握して、最適な資格が何なのか熟慮してみる必要があります。

自分の能力に合っていない試験を受験してもいい結果は生まれません。また、自分の将来に無関係な資格を取得しても、使い道が限られてしまいます。本当にその資格が必要なのか、入念に検討をしてみる必要性がありそうです。

特にwebスクールに通って資格取得を目指すなら、高いお金もかかります。資格の概要や試験問題のチェックはもちろん、その資格を取得した後、具体的にどう仕事に活かせるのかまで調べておきましょう。

また、高度な資格は年単位の取得計画を立てて、焦らず取得を目指すべきです。まずは簡単なところから始めて、仕事をしながら徐々にレベルアップしていくのが理想的です。ハイレベルな資格には、長い実務経験が求められることも多いからです。

試験が実施される日程を確認しておこう

資格試験は、年に一回しか行われないことも多いです。IT関連の民間資格なら年に数回試験を行うこともありますが、それでも次の試験が行われるまでには短くても数ヶ月空くのが普通です。

試験が実施される日や申し込み期限は、できるだけ早くから調べておきましょう。申し込みをし忘れてしまうと、最悪来年まで待つしかないという状況に陥るからです。資格を就職時の武器にしようとしているならなおさら日程の重要度は上がります。申し込みをし忘れると、就職が一年遅れてしまうかもしれないからです。

日程が分かれば、その日をゴールとする勉強計画も練っていけます。一日でも早くスケジュールの確認をしておくと、合格率もアップすることでしょう。

社会人だけどwebスクールに通いたい!どんなスクールを選べばいいの?

社会人になったからといって、勉強から解放されるわけではありません。むしろ社会人になってからの方が、本格的に勉強しなければいけないケースが多いのです。

特にIT業界では、その傾向が顕著です。日進月歩で技術が進化している業界ですから、働きながらでも勉強を続けていく必要性が高いのです。何もしないでいると、業界内で自分の居場所を失うことにもなりかねません。

実際にIT業界では、webスクールに通いたいと考える人が増えてきています。しかし、多くの人がスクール選びには苦労をしています。スクールごとに特徴があり、それらが自分に合っているかどうか入念に検証してみる必要があるからです。

ただ、後悔しないために押さえておきたいポイントがいくつかあるのは確かです。代表的な三つをまとめてみましたので、これらは最低限把握してから検討を進めるようにしましょう。

社会人向けwebスクールの選び方1:自分のペースで通える

学生と違って、社会人には仕事があります。平日の昼間は基本的に仕事にかかりっきりになってしまうため、スクールに通うことは難しいでしょう。スクール選びをする際には、本当に通えるのかどうかという点を重要視しなければいけません。

夜間に授業を行ってくれるなら、仕事をしながらでも無理なく通えます。土日祝日に授業をしてくれるスクールも、候補には挙げられるはずです。

また、最近はオンライン授業を取り入れているスクールも増えてきています。そうしたところであれば、自宅にいながらにして授業を受けられて便利です。スクーリングは最低限で大丈夫だという例も珍しくはなくなってきているので、社会人ならまずはそうしたところから検討してみましょう。

とにかく重要なことは、自分のペースで通えるかどうかです。仕事内容やスケジュールと相談をしながら、無理なく通えるスクールがないか探すのがベストです。社会人向けを謳っているwebスクールであれば、時間がない人に向けて様々なサポートを行ってくれる可能性があります。

社会人向けwebスクールの選び方2:仕事に即役立つ技術を教えてくれる

仕事に役立つ技術を教えてくれるかどうかも、社会人がwebスクールを選ぶ際には重要な観点となります。

仕事に役立てられないなら、趣味の範囲を超えることがないからです。逆に、学んだことが仕事に活かせるのであれば、これは趣味ではなく投資になります。

将来的には支払ったコストを回収して、その上、利益まで出せるようになるかもしれません。経済的な意味においても、仕事に活かせるかどうかは重視すべきでしょう。

IT業界では特に、新しい技術があればできることが増えます。新しい仕事を任せてもらえるようになるかもしれませんし、昇進のスピードがアップするかもしれません。学んだ技術次第では、独立開業への道も見えてきます。

普通に仕事をしているだけでは到達できない場所まで上り詰めることができる可能性があるという点で、この観点は他の何よりも重要度が高くなります。

学んでいることがいつか仕事に活かせると確信できるなら、モチベーションも大幅にアップします。多少辛いことがあっても我慢をして乗り越えられますし、何よりも長く続けていけるようになります。

社会人向けwebスクールの選び方3:短期間でスキルを身に着けることができる

使える技術を習得するまでに何年もかかってしまうのは辛いですから、短期間で一定レベルのスキルが身につけられるかどうかもチェックしておきましょう。

いきなり難しい資格に目標を置くのではなく、まずは初歩的な資格の取得から始めるのが、スムーズにスキルアップしていくコツです。

IT関連の資格なら、初心者向けのクラスがあることも多いです。最初のうちはそうしたものから攻略させてくれるwebスクールを選べば、楽しく勉強を進めていけます。

会社によっては資格手当が支給される場合もあるでしょう。短期間で何かしらのスキルを身に着けられるスクールなら、数ヶ月で給与の上積みを勝ち取れるかもしれません。

小さくても成功体験を積み重ねることができれば、精神的にも余裕が生まれます。自分の進んでいる道が間違っていないのだと確認しながらスクールに通えますし、仕事と勉強の両立はずっとしやすくなるはずです。

短期的な目標と長期的な目標の二つを設定してくれるwebスクールを探して通うようにすれば、バランスの問題で悩む必要はなくなります。

webスクールどこにしようか悩む!そんな時にはここを比較してみよう

どのwebスクールに通うかで、自分の将来が決まることも少なくはありません。質の悪いスクールを選んでしまうと、お金と時間を浪費した割には、得られるものが少なかったという事態に陥ってしまうことでしょう。

それゆえスクール選びは慎重に行いたいものですが、いざ一つに決めるとなると迷うものです。有力な候補が二つか三つまで絞れたとしても、そこからたった一つを選び出す作業は困難を極めます。

ただ、最終的に決定打となりうる情報がいくつかあるので、それらを知っておくといいかもしれません。

基本的には卒業生に注目するのがいいと言われています。卒業生の質がwebスクールの質に比例するのは当たり前のことなので、卒業生の姿を見れば、将来の自分の姿も思い浮かべることができます。

比較ポイント1:卒業生がどのように活躍しているのか

webスクールの優秀さを測る一つの指標に、卒業生の存在が挙げられます。そのスクールを卒業した人たちが、業界内で何人ほど活躍しているかを調べれば、スクールの大体の力というのは把握できます。

また、一人一人の実績にも注目をしてみましょう。業界内で大注目される有名人を輩出した学校なら、それだけでも入学をする価値はあります。

実際に、優秀な人を輩出しているのならカリキュラムがしっかりしている可能性は高まります。講師の質や設備の質が高い可能性も出てきます。

もしそうでなかったとしても、業界内で力のある人と同じスクールを卒業すれば、人脈は広げやすくなります。卒業生との繋がりを求めてwebスクールに通うというのも、悪くはない戦略でしょう。ビジネスの世界では、学閥というものがまだまだ重要になるケースも多いのです。

卒業生の活躍は、将来の自分の活躍とも近いものがあるはずです。卒業生の姿を見ることは、将来の自分を具体的にイメージすることと同じだと理解しておきましょう。

比較ポイント2:卒業生の作品や作ったものを見る

例えばグラフィック系のwebスクールなら、卒業生の作品をチェックするだけで、大体どんな技術を教えてもらえるのかの想像は付きます。また、使用しているソフトを調べてみれば、スクールにどんな設備が整っているのか見当がつきます。

卒業生の作品が残っているなら、まずはそれらを可能な限り見て回りましょう。将来自分も、同じような作品を作ることになる可能性が高いからです。

卒業生の多くが自分好みの作品を作っているなら、そのスクールに通っても大きな問題は生まれないはずです。逆に好みの作品が少ないなら、そのスクールは回避するのが基本です。通ったとしても、あまり良い結果は出ないのが普通だからです。

プログラマーなら個人の作品と呼べるものはないはずなので、代わりにその人が関わった製品を購入して使ってみましょう。この場合は直接的に学校の質が見えてくることはありませんが、それでも間接的にイメージはできるはずです。いつか自分もこういった製品作りに携わるのだろうと実感することができます。

比較ポイント3:資格や受賞実績などどのような勉強をできるのか知る

webスクールのホームページや入学案内をチェックしてみれば、具体的にどのような資格を目指すことになるのかが理解できます。

卒業時に特定の資格が得られるようになっているスクールもあれば、カリキュラムの中で初歩的なものから段階的に取得できるように工夫しているスクールもあります。

どちらにせよ、どのような資格が取れるのか分かれば、どのような勉強ができるのかも明白になります。そのスクールに通わなくても、カリキュラムを確認しなくても、やることは大体把握できるわけです。

また、卒業生が何らかの賞を取っていないかも要チェックです。これも、授業の内容を想像する役に立つからです。

webスクールは、何も通わなければその実態が分からないものではありません。外から見ているだけでも、どういった授業が行われているのかは把握できます。

社会人なら急いで入学をしなければならないこともないはずなので、こうしたチェックの時間は多めに取るようにしましょう。それだけで、後悔をする確率は低くなります。

ページの先頭へ